コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG 18話 「セイタカアワダチソウ」 感想!

あこがれの切望


カムペの一件がここでやってくるか。

 1期で描写した今現在では未来になっていることも起因が今やってくるのか。そろそろ全体的なことは兎も角としても細かいことは回収する頃合いだしあの時見たものが回収されることは多くなりそうだ。でも起因を見ると未来への帰結を知っている分なんだか悲しくなってしまう所もある。

 皆未来を模索する。自分のしたいことをするだけでは世界が大きく変わることはない。からこそ人の行動ってのは袋小路に入ることが多い。爾郎たちも超人課もどんどん閉鎖的な環境へと足を踏み込んでいるようにも感じられるところではある。蹴ってして交わることのない平行線をずっとたどっているかのような…。

 大きく動き出した後はそれが固まってしまう。このこう着状態を打破するにはさらに大きな爆弾が必要になってしまう。はたしてその爆弾がやってくrのはいつになるのだろうか?

 次回 「推参なり鐵假面」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示