くまみこ 3話 「伝統を守る者」 感想!

きせかえコレクション

じいちゃま、ばあちゃまにとっての孫である

 巫女感が久しぶりに感じられた気がするけれども山神さまもいつかはひっそりと登場することになるのだろうか?人語を解するクマが存在するのだからそれこそ人間の姿になって山神さまが登場しても不思議ではないとは思われるわけではあって意外とまちの近くに常にいるのかもしれない?

 まちは村にとっての孫ではあるのかもそれこそ神事で名は広まっている訳ではあるし過疎村だから余計とじいちゃま、ばあちゃまたちにとってみればまちはかわいい孫ではあるのは確かだろうし。ナツがまちを都会に行かそうとしていないのはまちの都会音痴だけではなくてじいちゃま・ばあちゃまたちのことを思ってということもあり得るのかもしれない。

 人間の男とクマ(去勢済み)では感覚的にやっぱり違うものか。それこそナツがくまみみくましっぽに謎の反応を示すようになんかこう心の隅がざわつくんだろうな…。良夫は男のままなのかナツに寄っていくのかどっちだろう?

 次回 「村の宝物」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示