劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS 感想!

過去と今が交わり未来へつながる

真なるアフターストーリー

 ということで「劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」見に行ってきました。何気に原作連載開始からの20年の歴史の中で完全長編オリジナル劇場版というのは少なく劇場公開が日本でされた作品としてはこれが初かな?劇場版に頼る必要性がなかったともいえるけれどもめぐり合わせというのもあるかもしれない。カードゲームの劇場版って思っている以上にやりずらいんだろうなと。TVシリーズとカードの両展開が基本だし。

 原作は親しんでいたし、テレ朝晩のアニメは見ていたのだけれどもデュエルモンスターズはあまり見ていなかったり、なにせ2作品目制作決定の方が出た時に1作品目は半ばなかったこと扱いの黒歴史のごとく触れられなかった訳だし、中の人も変わってしまって…そうじゃないでしょという思いは少なからず当時持っていたので。今はもうこんなド派手にこのやり方をやるというのはないだろうけれども当時としては忘れられない心の傷として刻み込まれたかな。

 本作品は原作の後の物語。オリジナル作品として原作者である高橋先生自ら脚本コンテをやるというとても豪華な作品になっている。だからこそではあるのかもしれないが作中で二転三転しまくることしまくることここで終わりじゃないんじゃ!!と言わんばかりの勢いで展開される作品となっている。 
 時代の流れではあるのだろうがユニットがフルCG化しているのも一つの特徴かな?その分モデリングは強く本当にデュエルディスクが実用化されればこんな感じにはなるのだろうなと感じられる作りになっているように思う。ユニットの戦闘シーンがカットされたりするのはやっぱりカードアニメの宿命ではあるのかな?

 デュエル自体はそこまで多くはないけれども迫力のバトルを要点欲テンポよく設置演出している関係もあってかバトルが単調になってしまっているということはなかったかなと思う。ここ最近の遊戯王のカードから離れているとあれ?こんな感じだったっけと思うところではあったりするけれどもそなお足りは演出的なものやスピード噛んでカバーされているように思う。

 友誼たちの物語ではありつつも実際合切はこの作品は海馬の物語でもあると感じるところではあったり。友誼たちを再び物語に導いたきっかけを作ったのも海馬、ラストを飾るのも海馬、最終決戦も海馬という海馬瀬人の海馬瀬人による海馬瀬人の為の物語がこの作品であったと思う。

 オリジナルキャラクターの藍神は復讐のためにやってきてい入るが遊戯目的かと思いきやバクラ目的だったし、それを救い出す為に遊戯は戦いに赴いた形だし、瀬人も闇遊戯ファラオを求めていたわけだし求める人の路線上に遊戯がいた形に過ぎないというのが本作品のすごいところではあったりする。
 バクラがどうやって千年リングを手にしたのかという作品に残った謎が明かされる形も取られているので作品内のすべてを回収した作品という側面もあるかな?
 又ファラオが海馬の記憶から生み出された幻影の登場でしか喋らないというのも大きいな意味合いを持つ作品だったと思う。まさかラストが瀬人の過去進出でファラオと対決しに行くとかものすごいことになっていた。だからこそより海馬瀬人物語になっていたんだと感じるところではあったり。

 ファラオやバクラそして瀬人の物語はそれこそ2転三転していく形で展開していくので全体的に長丁場ではあるが時間を感じさせないものに仕上がっていたように思う。初代遊☆戯☆王の真の完結がこの作品ではあるのだろうと思う。遊☆戯☆王に触れていた人ならばちゃんと楽しめる作品にはなっていたかなと思ふ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示