ハイスクール・フリード(はいふり) 3話 「パジャマでピンチ」 感想!

夜でも朝でも

少ない残弾を豪華に使う系

 ヴィルヘルミーナ参戦。旧来の戦艦・潜水艦がある程度自動化されているってこともキーになっているのか?ある程度自動化されていることは出ているしだからこそやろうと思えばジャックすることも可能なわけではあるのだが…割合残弾数が少ないことを出しているけれどもそれでも豪華に使っているのは一度帰港するチャンスがあるから?

 こうしてみると肝心なことはまだまったくわかっていないというでも旧来の戦艦を利用している・フロートは作れるのに戦艦を新鋭に変えることあまりしていない?水没都市の様子等々を考えるといろいろと隠ぺいされることも多そうではあるんだよなぁ。何かがあってフロートや旧来艦を使うことになってしまった・・・そしてそれを利用されたのではとも思うが。

 OP人員ではこれで全員なのではあるが全体的なバランスを見て通すとほんとかじ取りが難しいと思わされる。日常と非日常でついでに多数のキャラクターの掘り下げをしている訳だからてんてこ舞いになりかけているところは見受けられるかなと。どこかで全体の切り替えポイントがあるといいとは思うのだが。

next #5

 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示