機動戦士ガンダムUC RE:0096 2話 「最初の血」 感想!

流れるのは涙

手にするは泡

 1章目の終盤。あらすじをやるのは全体的な尺の都合ではあるのだろう。ナレーションはフルフロンタルの意味合いが強いのかシャアとしての意味合いが強いのかどちらになるのだろうか?2つの意味合いを取らせている可能性も十分にあるけれども・・・また時が違ったらサイアム・ビストがナレーションしていたのだろうなと。

 人間同士解り合えるのだろうか?NTになれば感じることは出来るけれども分かりあえるかと言えば微妙なところではあるよなぁ。その答えは永遠に出ることはないのかもしれないけれども。その答えを探す為に人間は様々なものを手にしてきたともいえるが原子の動物よりも下がってしまったのは手にしたゆえか。
 人間たちの解り合いの物語だからこそのUCでもあるように感じられるかな?

 やはりクシャトリヤの戦い方はスキだなぁ。MSの回転が個人的に好きなのかもしれないなぁ。人型だと回転することって限られてくるがクシャトリヤは特性上回ることが多いし。

 次回 「それはガンダムと呼ばれた」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示