紅殻のパンドラ 12話 「希望 -エルピス-」 感想!

希望は作られる

最終決戦

 最終エッセンの為に開けられたフォルダが秘蔵のエロコレクションだったというののはもの悲しく感じるところではあるけれどもそのおかげで世界は守られたと考えるとエロコレクションが世界のばら撒かれたことはよかったのかもしれないなぁ。こんなエロコンピュターになったのもウザルの計算のうちなんだろうか?

 結局ウザルは生きているのか死んでいるのか。ここまで掌で踊らされているとそれこそ福音と出会う前から居なかったということも十分あり得るところではあるけれどもその辺りどうなのだろうか?答えは永遠に闇の仲だし本当に本人が出てこない限りは…。それこそまだやることが残っているようだしその時には普通に登場しそうだ。

 福音がクラリオンのことを思っているようにまたクラリオンも福音のことを思っているのだ。しかしながらでウザルはいつの間に2人をブエルの鍵にすることを考えていたのだろうか? ほんとクラリオンと寧音が最後に対峙することになるのはウザルなのかもしれないなぁ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示