あにめたまご2016 感想!

卵が生まれる瞬間

アニメミライからあにめたまごに

 ということであにめたまご2016、今回は全国劇場公開予定がないようなのだけれどもバンダイチャンネルの限定配信はやってくれたので見れました。まあこのアニメミライ・あにめたまごシリーズには全国劇場公開はやっていってほしいのだがなぁ。それと限定配信ではなくて期間限定配信という形は取ってほしいとは感じるところではあったりする。広く見てもらう触れてもらうということもアニメミライ・あにめたまごには必要なことでもあるとは思いますし。
 今回の4作品は総てオリジナル作品となっているのも一つの特徴ではあるかなと感じるところではある。また2作品目と新規参加が目立っているようにも感じるところではある。

*カラフル忍者いろまき

 シグナル・エムディによるオリジナルアニメーション。監督・キャストが現役芸人という珍しい作品というかあにめたまご(アニメミライ)だからこそこういったTVや劇場版の作品からすると異質な企画が通ったとも感じる作品ではあるところではあったり。小さな忍者と少女が織りなすちょっとした日常っぽい使命を帯びた作品。忍者とひめのの絆を描くとしてはもう少し濃く描いてもよかったと思うけれども何気ない存在いてもいなくても不思議でなかった存在が大切な存在へと変化していくことを描き出していたように思う所だ。カラフル忍者たちは三原色を除くと能力が微妙な感じではあるが全員が集まって巨大な存在へと立ち向かっていくことができるというのはテーマ性を感じるところではある。 忍者たちの果たせなかった使命を果たすことは物語を落とすための要素ではあったと思うががその使命を通してなれなかった姫との友情を作り出すというのはこのカラフル忍者たちとひめのが出会うのが運命だったことを感じさせる要素になっていると感じるところだ。
 アクションシーンが独特で上手い具合に遊んだ感じがよく出ているように感じられたところではあったり。忍者という要素があるからこそなんだかんだで遊べたのかなと感じる。

*UTOPA

 株式会社STUDIO4℃によるオリジナルアニメであり株式会社STUDIO4℃はこれで2度目となる作品である。獣人メインメインの作品であり人間は出てこない。子供たちによる冒険アニメーションである。物語としては冒険の起承転結の「承」の部分を描き出したような作品であると感じる。物語の始まりも終わりもアニメとしては完全な始まりを描いたわけでもなく終わりを描いたわけでもなくそのことに対しての問題点は感じてしまう所ではあるかな?何かしらの大きな落ちは用意してもよかったのではないのだろうか?しかしながら絵本として十分に展開することができるような作品であると思う。今までもこれから先も描き出すことができるだけにこの作品を様々な方向へと進めていってほしい思う。この作品として出したいところはそれこそ鳥おじさんの言葉に鳥たちのルールに集約されているのだろうと感じる。
 トゲトゲの実のCGが株式会社STUDIO4℃だからこそできるような…。これをより生かしたシーンも見てみたかったかなぁと思うところではあるかな。 メインの子供たちはこれから先冒険が進んだときどうなってしまうのだろう?

*かっちけねぇ!

 株式会社手塚プロダクションによるオリジナルアニメーション。手塚プロも2作品目となりこちらは2年連続の作品となっている。前作とは打って変わってのCVあり時代劇風の恋愛ものとなっている。前作がシリアスな雰囲気を含んだ感動系の作品だったからか同じく感動系でありながらも明るい雰囲気に包まれた作品となっていると感じる。なかつ絵描きが主人公をしているというのが手塚プロのオリジナルアニメーションという感じがしてくるところではある。主人公とヒロインの描写にしっかりと寄っているので感情移入がしやすい作品に仕上がっていたかなと感じるところではあった。タイムトラベルものであるけれども短い時間の中で真っ直ぐな王道路線を示したように感じるしベタだけれどもだからこそうまい具合に型にはまった作品になっていたかなと感じるところではあったと思う。
 なかなかにして水墨画の表現襖絵の表現というのは難しく感じるところではあるけれどもよく表現されていたように感じるところではあったりする所だ。 2年連続でありながらもしっかりと手堅いものを出して掴んでいたように感じる作品だったと思う所。

*風の又三郎

 株式会社武右ェ門によるオリジナル作品 CG制作が主体の制作会社であるのでCG作品ではあるが田舎の雰囲気を尚且つ童話感をよく表していたように感じるところではある。独島の雰囲気をCGの質感をよくすり合わせていて一瞬触れただけでこの作品の本質に触れられる作品になっているように感じられる作品だったと思うところだ。風の又三郎の様に一瞬で現れて一瞬で過ぎ去っていく作品ではあるけれどもそこに込められたものを感じ取れるようになっていると思う所だ。そこには驚きも興奮もないかもしれないが岩にしみあってくるようにゆっくり流れる時間というものを体感できるような作品に仕上がっているように感じられるところではあるかな。
 このCGはTVシリーズでやるには難しいところはあるとは思うけれどもこれもあにめたまごだからこそ出来たのかもしれないと感じるところではある。

 あにめたまご2017ももちろんあるよね?その時にはミライ見たく全国公開くらいは・・・と思う所。アニメを広げてもらうために知ってもらうためにまた技術継承という意味合いでもアニメ(ター)見本市と共にライバルとしてお互いに高め合っていってほしいところではあると感じる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示