クロムクロ 6話 「神通の川原に舞う」 感想!

舞うは閃光の刃

丸っと戦闘回

 殺陣をこの作品に起用することはCGアニメーションがまだ発展途上なPAワークスの不得手なところをうまく隠す為でもあるんだなと。チープになってしまう所はまだ必ずと言っていいほど出てくるから、そこを隠す為に殺陣を戦闘シーンに取り入れたのだろうと思う。サムライ要素とどちらが先にあったか気になるが。

 丸々戦闘回に終始したけれどもやはりクロムクロは敵方の機体だったものを拿捕して使っているのね。あの時代にはこんなもの作れるはずがないしそれが自然的ではあるが、やはり姫様が時貞に預けたものがクロムクロになるのだろうか?どうやってクロムクロが時貞に渡った経緯はいつかやることになるのだろうか?

 味方がサムライなら敵方もサムライだった。登場したからにはこれからいろいろと明かされていくことになるのだろう。異星人っぽくない感じだし…。涼斗と純大撮影していただけで何も起こらなかった?この2人このまま終わるとは思えないし何が起こりそう?

 次回 「東雲に消ゆ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示