クロムクロ 3話 「城跡に時は還らず」 感想!

時は前に進むのみ

時貞正式合流。

 といいつつももう一人のヒロインっぽい感じだったソフィーが現状そこまで関わってきていないのが少々不思議に感じるところではあるけれどもそれは時貞が正式に高校入学してからにはなるのかな?徐々に時貞関連のことが明らかになってくることによって敵方にも想定図が作れるようになってきたかなとも思う。

 時貞はタイムトラベラーだからこそこの状況になれていくのも時間が掛かる。それは同時にカキャラクターたちとの関係を作っていくことにも繋がっていくわけだからこれから先も時間を掛けて人間関係を作っていくことにはなってきそうだ。戦国初期からやってきたみたいだけれどもこれ鬼=あの人ってことにもなってくるのかな?敵方はOPからしてもぼっちしているみたいだし1人であれこれやっていそうではある。

 父親関連の話はこれから先も強く働いていきそうだな。失踪理由が気になるがあちら方に連れ去られたのだろうか?PA作品としても父方に物語の鍵を置くのは珍しいからどう展開していくのか気になるところではある。今作も家族コミュイベントは多そうだ。

 次回 「異国の味に己が境遇を知る」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示