亜人 9話 「待て、もう一度話し合おう」 感想!

痛みの振動

戦いに向け戦い

 功は圭と接触、イクヤと優もようやく本格的な話し合いが始まり佐藤の計画も着実に進行している。目的の戦うに向けた準備が着々と進んでいる。その戦いに来たとき誰の準備が他の2組の準備を上回り勝どきをあげることになるのだろうか?それとも3組とも倒れるのだろうか?

 もう優は手段を選んでいられなくなってイクヤがすげぇことになっている訳だが逃げ道のなくなったことによってより過激になっていくことになるんだろうな。ある種彼の人生が崩壊したのは自分自身にもあるのかもしれない。そしてその比率は割合高いのかもしれないとも感じるところではある。彼が人を超えて亜人に近づく瞬間も見られるかも?

 功と圭ははたして協力していくことができるのだろうか? この2人が組んでもあまり戦えるようになるような予感がしないのがなんだか不思議なところではあるが…。

 次回 「発生と同時に崩壊が始まっている」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示