Dimension W 10話 「蘇る悪夢」 感想!

救い出す範囲

どこまでが生なのか?

 シリーズとしてのラスボスはほぼ確定したようなものではあるけれども圧縮された中でどこまでアニメとしてオチを綺麗につけることができるのだろうか? やはり描写的に圧縮されたことによって物語への理解をド下げる結果には繋がってしまっていると思う。じっくりやってこそ奈部分が見え隠れしているのがやはりなぁ。

 ミラへの態度が少しだけ軟化したのはやはり夢を見たからではあるのだろうか?幻ではあるがミラがky-マの元にやって期t尚はある種雅が導いた運命ではある野だからミラがキョーマを救おうとしたことによって夢を見たことに寄ることよりもより明確にキューマの中で繋がりを強くしたのかもしれないな。 遠ざけようとすればするほどに強く結びつく。

 ロボットというかアンドロイドは救われるべき生命なのだろうか?キョーマは知らなかったとはいえ命を救えなかったことに怒りを抱いた。これはミラに対する本当の気持ちへと通じるものになっているように感じるところでもある。 キョーマはほんと不器用なのだ。

 次回 「消えたジェネシス」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示