Dimension W 9話 「アドラステアの鍵」 感想!

過去と記憶の次元

過去と記憶が繋がり始める

 ようやくミラと雅が繋がった。声的に似ている人物を兼役ではない形でキャスティングするのも結構大変だろうな。アニメ的な伏線ではあるけれどもそれをうまく活かした形になっているように感じるところ。物語のタネアカシという形ではないがミラとキョーマの繋がりに関するタネアカシがようやくなされてほっと一息。

 ルーザーもキョーマもミラも様々な人物たちの線が繋がり始める。ある種それだけのものが起きてしまったということにもなるけれどもそれだけにこの捕らわれたものからの脱却というのはルーザーもキョーマも死んでも出来ないだろうなと感じるところではあるかなと思う。それでも総てが終わった時あkれらが行っていることは本当の意味で報われるのだろうとも思う。この2人が完全な形で手を結べばいろいろと早いような感じもするところではあるが…。

 キョーマはミラ=雅ということをどうしても考えてしまうが為のミラへの行動だった。ある種それは深い愛とも取れるし尚且つ傷は一生ふさがらないことも意味しているように感じる。 ミラがミラとして呼ばれた時キョーマは過去からの脱却を果たしたといってもいいのかもなぁ。

 次回 「蘇る悪夢」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示