機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 25話 「鉄華団」 感想!

求めたものの姿

これ次のラスボスは…

 マクギリスだよなぁ。どう考えても鉄華団とクーデリアと意見対立するようになる未来しか見えないわけではあるがマクギリスの野望はどこまで現実の元となっていくのかという意味では見ものではあるけれどもさまざまな思惑が交錯することになってきた最中でどこまで動くことは出来るのだろうか?

 そもそも今回の絵を描いたのはマクギリスではあるのだからそこまで計算済みではあるのだろう。友人?もう失ってもマクギリスは野望に生きていく。そういった意味では後戻りできないわけではあるがマクギリスはこれから歩んでいくごとに人としてのものを団団と捨てていくことにはなってくるんだろうな。ブレーキすら失った列車のように。

 オルガと三日月の関係は変わらない。変わらなかったと言ってもいいのかもしれないがこうしてみると変わるきっかけは整っているのかもしれない。ある種まだまだこの2人の関係性は危なっかしいと思えるのではあるので。

 さまざまなことが動き始めただけに2期?ははたしてどう動いていくことになってくるのだろうか? はたして旅の終着地点はどこになるのだろう?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示