機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 23話 「最後の嘘」 感想!

うそつきの代償

世界は嘘で成り立っている

 カルタがいなくなってしまったらある種ラスボス候補の人物も消え去ってしまう感じではあるけれども人間を捨ててしまったアインがラスボスとして立ちふさがる人になるのだろうか? しかしながら復讐のために自分を捨てる完全な機械の中に組み込まれる人間を久しぶりに見た気がする。なんとなくだけれどもゼノギアスのハマーを思い起こさせるな。

 形式を重んじたいがゆえに墓穴を掘った形になったカルタ。立ち振る舞いを重視しなければここまでの事にはならなかっただろうと思うしマクギリスのいうところのギャラルホルンの悪いとこいってにになったかのような人物に収まってしまっていたように感じられる。それさえなければ自分の中の思いだったり今回の鉄華団との戦いだった李もっとうまいところまで行けていたのではないのだろうか?

 復讐という免罪符を手に入れてしまったからこそ少しづつたがが外れていく鉄華団。彼らはもはや止まれないところまでやってきているけれどもッやはりブレーキニなるのはもはや団が壊滅寸前までいくか破裂するかのどちらかでしかないのかもしれない。教訓とする事態がやってきた時にはもうすべて遅いことにはなるけれども彼らは自分たちで止まれないんだから。

 次回 「未来の報酬」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示