少女たちは荒野を目指す 12話 「少女たちは荒野を目指す」 感想!

荒野の先に何がある

学生篇の完結

 ということではあるが綺麗に収めたというかブラックなところを出したら上書きするのは難しいよなぁと実感させられるところではある。それを打ち消す色を用意するのも一苦労真っ白から色が加えられたら再度真っ白にすることは出来ないからこそ面白さを感じるわけでもあり難しさも感じさせる。自分たち色を出すというのも案外難しいものだ。

 借金問題と対決話は出すだけ出しておいて続きますという印象が強くなってしまったかな。アニメとしては消してしまっても十分やれたようには感じられるところではあったりするけれども…これからの黒い部分もまだまだ分かりやすく見えやすい部分を出しているところもあるからなぁ。急に人が消えたりいないと思ったら出てきたりするのはスリガラスん業界だからこそかもしれないなぁ。 まあどこも外の世界から見るとスリガラスなんだけれども。

 物語の序章部分を出すにはいろいろと出してはいけないものを出して出さなければならないものを出していないような感じだ。上手く0と1が組み合わさっていなかったようにも感じられるところではあったりする。ゲーム作品に限ったことではないけれどもやっぱり原作が完結したり発売して少し経った後に時間を重ねたうえでアニメ化作品したほうがいい作品もある。それがこれだったようにも感じられるかな。メディアミックスとしては最初はアニメオリジナルをやって完結後発売後にストーリーを世襲するこれが出来れば…なんだろうけれども。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示