亜人 8話 「衝戟に備えろ」 感想!

亜流の始まり

ヘイワだからこそやりやすいのかな?

 ある種自分たちの流儀を押し通しきるのであればここでなくても十分やることは出来るんだよなぁ。それをどうしてここでやるのかおいうところは疑問というか謎が残るところではあるけれども平和であるからこそやりやすいこともあるということでもあるのだろうと感じるところではあるかな。

 佐藤によって集められた亜人もそれこそ1枚岩ではない。ここが最大の弱点にはなってきそうではあるんだよなぁ。というか亜人同士で殺しあえば殺すことも十分可能なような感じも現状ではまだまだするところではあるのだけれども。さて劇場版パンフでも佐藤の行動に関しては力が入れられているとのことなでそこでどんな形になっているのだろうか?

 攻と圭の出会いによって何が起きるのか。圭にとってみれば近い人間だからいろいろと人生そのものが再び変わってきそうではあるが彼はいつ彼なりに動けるのかな?

 次回 「待て、もう一度話し合おう」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示