機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 22話 「まだ還れない」 感想!

あの日の言葉

やるかやられるか

 参謀だったビスケットの死を経て鉄華団の結束が再び強く結びつくことになったわけだけれどもビスケットたちがいる状況でこういったイベントが起こるのではなくてビスケットたち仲間の死が起こってからというのは山を一緒に超えたら仲間意識が芽生えるというのに近いのだろうなぁ。困難を一緒に乗り越えてこその仲間。

 三日月に半ば強制された感があるオルガの復活ではあるけれども、このあたりは運命共同体というかお互いに背中を押しあっているところを感じるところではある。三日月が精神的に落ち込むことはないような気もするところではあるがそれを作ったのはオルガなわけだしこの2人はお互いに指先を指しあってこそなのだろうなと。

 立ちふさがるものは総て討ち果たす。今の鉄華団が強くなるにはこれしかないわけではあるけれどもこの方式もいつかは変えないというか十何位しのいでいかないと敵ばかり作ることになるからなぁ。本当の意味での試練はこれからになるのかもしれない。鉄華団が生き残れるかいなか。

 次回 「最後の嘘」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示