マクロスΔ 5話 「月光 ダンシング」 感想!

それだけでは終わらない

戦争

 やはりフレイヤはウィンダミアということもあって外野から追及されることになるのか。今はまだ大丈夫だけれどもいつかより戦争が本格化していくことによってフレイヤ自身の戦わなければならないからどんどん心が押しつぶされていくことになってくるんだろうな。その時に誰に心を救われるのかによってフレイヤの物語は結末を見ることになるかも。

 戦闘が開始されてしまったことによってマクロス・エリシオンの面々は岐路に立たされる。それぞれ戦うのかどうかってことは割と決定されるのがあっさりしていた感じ。闘う決意よりもその先にあるものが重要になってくるんだろうなと。ここから恋愛物語も人間ドラマも本格化してくることにもなりそうだしのほほんとした雰囲気はこれが最後になるかもしれない。

 まだまだ謎が多いけれどもまだ掘り下げきられていないクルーの面々やいまいち恋愛的に張り込んでないようにも感じるミラージュにもよりチャンスが出てくるのかな?ミラージュの祖父祖母が明かされたことが物語に何か意味合いをより広げることになるのだろうか?

 次回 「決断 オーバーロード」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示