少女たちは荒野を目指す 10話 「タイフーン襲来」 感想!

嵐の芽

殻ノ少女的なゲームは作れない?

 ということを単に表しているのだろうか?それとも別の糸が存在していたりするからかな?引き抜き等々の話は一人が独立して一人がフリーでさまざまなブランド渡り歩きているからこそのものではあるのだろうと感じるところではある。このあたり日常茶飯事な感じがするし嫌気的な気持ちの方が客観的に描く気持ちよりも強いんだろうなと。

 ようやく砂雪兄が登場したと思ったら…ライバルチームというか発売日が近いだけでああやって関係を持って来ようとするところは怪しいという。まあ豪快間の交流はメリットととともにほんと信頼できないとデメリットの方が大きいんだろうなぁ。相手はライバルというか敵そのものではあるわけだから。出会った時に判断するのではなく時間を掛けないと。

 砂雪兄は爆弾もちこんできたけれども絶対自分の為にと勘違いしているよなぁ?このあたり後半にも響くものを出してきそうではあるけれどもようやく今まで闇だった部分が出てくるからどれほど深くするのかは気になる。

 next #11
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示