少女たちは荒野を目指す 7話 「いつもと同じ、違うキミ」 感想!

少しだけ斜めを見る

作家なら缶詰。

 ゲームシナリオの中でそのシナリをが出てこない。ということはそっくりそのまま学生篇の各ヒロインとの状況にも当てはまることになるのかな? ここでの積み重ねがそのまま社会人篇へと繋がっていくことにはなるのだろうし未来も恋愛発展がないよってことの示しではあるのかもしれない。

 夕夏とのデートによってシナリオが進むのかと思いきやそんなことはなかった。でも夕夏とののヒビは少しだけ改善したかな。どちらかと言えば文太郎は内向き嗜好ではあるので重要なところで経験したことしか書けないという部分はあるのかもなぁ。 息抜きばっかりな感じもするだけに缶詰騒動がゲームや内外関係にどのように影響してくるのだろうかな? 結局ゲームは完成しないまま皆離れてしまうという展開が現状だと一番あり得そうではあるけれども。

 ゲームにかかりっきりということもあるからヒロインたちとの関係もあまり進まないところはあるんだよね。ゲームだけで繋がっているところも大きいからほんとゲームが完成しなかったらすごい遺恨を残すことになりそうだ。

 次回 「閉じ込められて、夏」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示