ブブキ・ブランキ 9話 「拳と拳」 感想!

友情を繋ぐもの

心臓が動く理由が見えたかな。

 割とあっさり終着駅までやってきたのはちょっと意外だったな。それこそアメリカ・ロシアが登場したからそこまでいくにもまだ時間を変えるものだとばかり思っていたところではあるので。ということはある程度は提示することにはなるのかな?謎というか全体像をまだ示していない感じなのは気になるところではあるが。

 東の心臓が動く理由が仲間との繋がりをしっかりと持っている確認しているということだろう。アメリカやロシアチームそれぞれの心臓が動かない理由というのは個別に存在しているのかもしれないけれども心臓として手足との繋がりをどう思っているのか思われているのかという所は作品としても重要な要素の一つになっているのではないのだろうか?

 次回は真・王舞と炎帝との戦いにはなりそうだが礼央子さまに対する何かしらの今まで提示されてきたことが回収されるのだろうか?四つどもえの展開をどう提示していくのか作品の盛り上がり的にも重要にはなりそうだ。

 次回 「砕かれる心臓」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示