機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 19話 「願いの重力」 感想!

空の重み

地球突入

 ようやく地球に到達。っ子まで長かったというよりは予想外に時間が掛かったようにも感じられるところではあったり。まあいろいろと横やりを入れられてスムーズにいくことの方が珍しかった訳だし無事に地球に降下することが出来ただけでも上々の成果と言えるわけではあるが。

 MSをサーフィン板にしての大気圏突入はこれからの新しいトレンド・レントになりそうだな。思わずあの作品を思い出すわけではありますが。300年前の技術がそのまま恵贈していたらバルバトスにもサーフィン板を利用しないでの単独突入も可能だったりしたのかもしれない。そういえばガンダム以外の300年前の技術があまり表に出てこないのは何か理由が存在したりするからだろうか?

 仮面の人が自由に動き過ぎなような。まあ好き勝手やりたいからこそのお面でもあるけれども。これで三日月たちと正面衝突することになったりしたときにどうするのだろうな。それはそれで2人とも受け入れて楽しくやるのかもしれないが。

 次回 「相棒」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示