ハイキュー!! 43話 「敗北者達」 感想!

勝負は学ぶこと

和久谷南戦決着

 アクシデントもあったし辛い戦いではあったからこそ学ぶもの得るものが大きくあった回でもあるように感じるところではある。収穫をどのように生かしていくのか…烏野がこれから本当に競合になっていくためには必要な戦いでもあったように感じるところ。美味しいだけが収穫ではない。
 
 主将が途中退場。力は後半ようやく自分自身の生かし方を見つけたけれども忠はこれからどうなってしまうのだろうか?チームに生かせる自分自身のカラーを見つけることが出来ない限り忠の立ち位置は今とは全然変わらないものになっていってしまうところ。だからこそ2人がこれからもチームにとって縁の下の重要な人物になってくるのだろうなと感じる。

 影山くんはお下品。って書くと何ともどこからの作品タイトルに見える。このライクなノリが烏野の力になっているところもあるからこのカラーが生き続ける限りは烏野の力は耐えることはないんだろう。

 次回 「鉄壁は何度でも築かれる」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示