亜人 3話 「もうダメじゃないかな?」 感想!

全ては敵である

予告でネタバレはあかんでしょ

 折角いいところで切っているのに予告でその効果を無くしてしまうのはどうなんだろう?それこそ上手くやれば引きの効果も高く収まるというのにそれを今回は打ち消してしまっているように感じる。先行して劇場版なり原作があったからいいってことなのだろうか…その辺り編集者の手腕ではあるが。

 今の所刑が動くことに物語が動いたり、物語が高揚したりという感じではなくそれこそ周りの行動によって物語が大きく動いているからこそなんだか物語全体が受け身になっている感じはするところだ。だからこそ周りの人間たちの物語の方がよく見れるというか善く動いているように感じるところではある。

 佐藤が動き出したことによって今の亜人は本格的に動き出したように感じるところ。ある種裏主人公みたいな感じで演出されているしなぁ。尺の割かれ方多いし。地味にこの人を見せていく物語でもあるかなと。

 次回 「キミは黒い幽霊を見たことがあるか?」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示