少女たちは荒野を目指す 4話 「わがままと引き算のメロディ」 感想!

スランプは強くなる糧

あの人はおるごぉる先生がモデルだったり?

 「自分には想像できないものを生み出す人がいる。そういった人に触れていくことによって自分の世界が広がっていく」ようやくではあるがこれは真理の一つであるように感じる。観測を欠くのもアニメやゲームに触れるのも自分には無いものを求める行為のひとつっでありそれを超えるものを生み出したいと思うこともまた連鎖かなと。

 自分にないものに触れることによって広がってく世界は楽しんだよね。文太郎みたく吸収力や応用力が高いわけでは無いけれども自分が想像にしないものに触れるって少なからず楽しさがあるんだよね。その他の示唆に触れていくことこそがクリエイトしていくことにも繋がっていくように感じるところ。消費するだけでも根本の循環は変わらないかなと思う。

 2人分のスランプが出てきたけれどもそれだけ想像を作るという分野はスランプになりやすいんだよなぁ。割とあっさりと回復することもあれば永遠に悩むこともある。それと上手く付き合っていくのかも大切な部分であるように思うところ。

 次回 「嵐の中で見えるのは」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示