PERSONA3 THE MOVIE #4 -Winter of Rebirth- 感想!

やがて来る春の日に

劇場版P3完結編。

 2013年11月23日に公開に公開された第一章「Spring of Birth」から足掛け三年ついに最終章である「Winter of Rebirth」の公開と相成りましたので見に行ってきました。ちなみに2章目「Midsummer Knight's Dream」が14年6月7日公開で3章目の「Falling Down」
が15年の4月4日に公開でこの4章目の「Winter of Rebirth」が16年の1月23日公開なのでほぼ1年一作体制での公開スケジュールにはなりましたか。

 そうなったのは2章目からAICからA-1になったことだったり、セガアトラスになったりとペルソナを取り巻く状況が激変したからということも前にも書いたけれどもあったからでもありましょう。 今回ラストにサプライズあるかと思っていたのだけれどもなかったのは残念。P3ゴールデンとかゲーム版リメイクとかやってくっるとずっと思っていたのに。

 2章目以来のシリーズ演出である田口監督ということもあってスタイリッシュ戦闘になるかと思いきやどちらかと言えば戦闘よりも話をうまく纏めれるかの方に物語が集中していたように感じる。略に見合った脚本を提示することが出来るのか、またそれに似あった演出をすることが出来るのかという部分が強く出ていたと感じるところではある。
 最終決戦なだけペルソナ使いたい放題はしているのだけれども闘うシーンとしての全体的な比率は低かったように感じるしその印象は強い。技は出してはいるけれどもそこまでその戦闘をじっくり演出するという感じではなかったので、それでもラストバトルはアイギスの初戦みたいに動くシーンはあったかな。

 やはりラストであるこの4章目の脚本や演出は四苦八苦していた印象が強いかな。特にラストあたりは…。上手く落とし込めていたというかいろいろと解釈できるように演出されていたように感じるところ。あくまでアニメの演出として一つのきっちりとした決着をつけることをなく見る側に委ねたという判断への合否は見る人によって大きく分かれることになりそうだ。でも今までみたいに急に全体的な演出が変わったように感じられなかったとは思う。

 あれは理の夢もしくはアイギスの夢とも取れるわけだし、だからこそ理は帰ってきていないようにもとることが出来る。そうではなくて理は帰ってきていて屋上でアイギスに膝枕してもらいながら仲間たちを迎えたともとることが出来る。さまざまな受け取り方が出来るようになっていると。 理が理解した生命の意味このあたりから解釈が難しくなったというか世界設定のレベルを急にあげた感じはするところではある。 このあたりはアニメとして落とし込むにはなかなか難しかったのではないのだろうかと感じずにはいられないところでもあったり。

 世界をかけた最終決戦。最終決戦をそのまま地続きでやるのではなくてそれそれの仲間の心の葛藤を描いたのちに最終決戦となる。この終末心理パートと最終決戦パートの時間配分は半分づつくらいにはなっていたかなと思う。
 どうしても世界が滅ぶ、救うにはもともと仲間だった綾時を殺すしかない。しかも殺せるのは理だけで他のメンバーは何もすることが出来ない。という極限状態の心理パートもう少し早めに展開させてもよかったかもしれない。けれどもその問題に自分自身の折り合いをつけていって最後に理が自分自身の中の折り合いを付けた後に雪模様だった天気に天使階段が現れるという演出はなんだかんだ言ってもこの特別課外活動部は繋がった仲間だということを感じさせたところである。

 エリザベスが人間世界にやってきたりとお遊び要素に隠れたこのペルソナ3自体のテーマ性を思いっきり出した演出・展開がなされていたように感じるところではある。生命・日常を生きることのそのもの意味合い・死をいかにして乗り越えていくのか…とこの作品の根幹が一番曝け出された章だったと感じるところである。

 イゴールの最後のセリフはなんだかこれからのシリーズのイゴールがどうなるのか示したようなセリフだった。もちろん理に言った3でのセリフではあるけれどもこれから主人として出てくるのかというところもあるだけにこうしたセリフをアニメとして入れたのかなと感じてしまう。 

4部作の劇場版としては出すところは出していたと思うし完結まできっちり構成はされていたように思う。監督によって演出の振れ幅が大きく出過ぎてしまっているのは少々残念なところではあったかな。1つ1つまとまりのあるテーマは出せていたと思う。
 あの描写やこの描写がと言い出すときりが無くなってしまうがシリーズとして全体的に満足できるようには出来ていたかなと。
 TVシリーズで理ではない女性主人公(琴音)を主役にしたアニメ版も見てみたいかな。後はトリニティソウルみたいにオリジナル出してきてもいいのよ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示