クロムクロ 9話 「岩屋に鬼が嗤う」 感想!

苦せずして場所をえず

パイロットスーツようやくきた。

 でも時貞と由希奈だけどうして特別仕様になったんだろう?GAUSのスーツじゃやりにくいというのも分かるが…。あっさり敵方が堕ちてくるというのも罠なんだろうがそこからッどちら側にどういった情報が伝わってくるのかというのも重要になってくるんだろうな。そして由希奈を助けたあの存在の正体はいつ明かされることになるのか?

 由希奈の乗る載らないも決着がようやくついた。しかしながら確かに「乗れ」「乗れ」攻撃はあるけれども乗ってくださいと頭下げる作品ってあんまなかったなぁ。覚悟というよりは相互利益的なところが大きいわけではあるけれどもこれが時貞と由希奈の関係の強化につながっていくことになるわけだから一定の地位を得たこの後にどうそれを積み上がていく展開を作っていくのだろうか?

 涼斗は変わっていく要素が見受けられるわけだけれども純大派変わっていく要素が見受けられないわけだが涼斗がパイロットになるということだから福座敷である以上ついてくることになるのだろうけれども…。これからこの2人の描写はある一定上は続きそうだな…。

 次回 「不遜な虜」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示