機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 16話 「フミタン・アドモス」 感想!

大切な人

やはりこうなる運命。

 とはいえ今まで志はあれども行動や熱意のみが空回りしていた感じのあるクーデリアのための回でもあったように感じるところだ。それこそクーデリアがようやく本当の改革者になってく為にも必要だったことでもあるのだと感じるところではある。これから本当に変われるかどうかは踏ん張りどころではあるけれども。

 ある種フミタンがこうなるのは宿命だともいえる。最初からスパイとしての雰囲気を出していたわけだしそれが意図を返さずそのまま回収された時点で彼女がクーデリアの為に命を落とすというのは既定路線でもあったのだとも思うしその死に意味を持たせることを成していたように感じるところではあったりする。

 鉄華団がこの場から逃げ出すことができるかどうかはクーデリアに掛かっているのだろうなと思うところ。これがきっかけであり成長の証でもあるのだと思うところではある。

 次回 「クーデリアの決意」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示