うたわれるもの 偽りの仮面 21話 「崩御」 感想!

忠義の罠

オシュトルの謀反

 原作から大きく変わってしまったなぁ。取捨選択としては重要な人物が消されていたりするからそれこそ「二人の白皇」にどうやってつなげていくんだという思いもある。初代アニメでは語られていなかった部分もこの作品には存在するわけではあるがそことはまた違った問題にはなっているしなぁ。

 オシュトルの謀反。はたして本当のというよりはアニメで見るとオシュトルがやったようにしか見えないところではあったりするわけでデコポンポもライコウも帰ってきているがこのあたりどうなるのか?原作とアニメが密接していた分意図というか驚きを得るために変わった部分は多いと思うけれどもなぁ。ちょっとこのあたり違うような気もするが上手く収めては欲しいところではあるのだけれども。

 ハクの帝人に対する思いはもっとあってもよかったかもなぁ。唯一無二の兄弟であることには間違いないわけではあるしその思いがあればこそ複雑になってくる部分もあるわけで…。ゲームだとどうなっていくのだろう?

 次回 「救出」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示