うたわれるもの 偽りの仮面 20話 「武人」 感想!

御魂を捧げたもの

クロウ・ベナウィ参戦

 トゥスクル組で最強といってもいい存在である2人との対決。まさか前作のリミックスBGMも登場するとは思っていなかったな。それだけにホワイトフォックスが「うたわれもの」シリーズに対する想いみたいなものも感じるところ。このうたわれるものがあったからこそホワイトフォックスが生まれるきっかけにもなったわけだし。

 ハクのトゥスクル基地襲撃事件が変更されてしまったけれどもこれでよかったんだろうか?時間的尺とかその辺り考慮されて変更されてしまったようにも感じるところではあるけれども。クオンを人質に取るということの大きさをハクたちはあまり重大には考えていないようだけれどもこれからアニメ的に大きな亀裂を生みだしそうなところのように感じられるところではあるかな。 クオンに対する布石がようやく出てきたからラストあたりどう映るんかな?

 クロウもベナウィも前作のことがあるからこそ展開でもある。だからこそ皇帝にとってみれば負け戦を仕掛けていることにはなってしまうんだよなぁ。 この進行がいろいろと尾を引くことになってくるわけでもあるし…。

 次回 「崩御」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示