2016年10~12月期(秋期アニメ作品)TVアニメ総括・レビュー 的なもの。

2016年(10月~12月)秋アニメ・秋期劇場公開作品の一括レビュー<以下テンプレ>


*個人的にはあまりアニメやゲーム・漫画作品に対して点数をつける行為というのは好きではなく
嫌いといってもいいほどなんだけれども、一応分かりやすさ重視を目指して目安の点数をつけています。
10~-10点の20点満点で点数はつけています。。

*点数はあくまで個人的な感覚であり厳格につけている訳ではないのでその点はあしからず。

*基本的に1クールごとに放映終了した作品・上映した映画をレビューしていますが、
作品の視聴管理もかねてこの期間に初めて見終えたり、まだレビューしていない作品を
改めて見終えたりした場合にもレビューをしています。

*レビュー作品のネタバレ・賞賛・批判等々あります。 以下点数目安。

10点は10年に1作生まれるか生まれないかぐらいの傑作
9点はその年における優秀作品
8点はそのクールにおける優秀作品
7点は良作品 このあたりから押さえておく・一見の価値がある。
6点は基準点よりは上の佳作
5点が基準点 大きな可もなく不可もなく
4点はもう少しだけ何かが欲しい作品
3点は粗が目立ってくる作品
2点は粗が多くある作品 
1点は決定的に足りないものがある作品 
0点は粗も足りないものも多くあり過ぎる作品 基本的に4~0点に評価が固まる
-1点~-10点 不満が多く出ていてどうしても否定的になってしまう作品。

*Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- 6点

 科学ノベルシリーズ出はないもののその系譜を継ぐ作品である。ノベル原作という形ではあるが後半はアニメだけのオリジナル展開を見せたのでノベル・アニメ・ゲーム・漫画等々の複合型メディアミックス作品であってどれが中核ということはないように感じる作品であった。ストーリ展開・会話劇・ミステリー展開がハイスピードで展開されていく作品でありまさにジェットコースター型の作品であったように思う。ハイスピードに展開されていくがゆえに人を選びやすい作品だったことと会話劇をじっくり聞きたかったという思いはあるものの展開を早めたことによって全体的に飽きさせない作りになっていたようになっていたように感じるところだ。科学ノベルの血をちゃんと持っているんだなと感じさせてくれるところも少なからずあった。キャラクターも湖これほど詰め込んだからこそなのかもしれないが個性を十分に出していたと感じるところだ。謎や複線を残す作りになっていたり、ツゥルーエンドになる作りになっていたがこれをすべて回収していたりハッピーエンドにすることが出来ていればまた違ったものになっていたかなと思うし、謎を残す作りになっていたのだけはきっちり回収してほしかったなと思う。こればかりはこれからのメディアミックスに掛けるしかないのだろうが…。アニメ先行型となったがそのなかでは纏めきった作品ではあると思う。


*Lostorage incited WIXOSS 2点

 WIXOSSシリーズの最新作でありキャラクター・スタッフを入れ変えての作品となった。一人続投している人もいるが展開を考えると現シリーズのみでは意味をなさない。前作が尖ったナイフを持っていて喉仏に時折突きつけてくるかのような作品だとしたら今回はピエロが一人で狂喜し踊っているだけの作品になっていたように思う。それが終盤無限的に続けられるのでピエロの動きに飽きてしまう作りになっていたことは否めないところっだ。だからこそ前作の良さを生かしつつ展開させてほしかった。それがダメならばそれこそ世界観から一新すべきだったように思える。男性プレイヤーの増加等現実とのリンク要素も見え隠れするが現実とのリンク要素はそれこそ排除すべきだったように感じるところではある。永遠に終わらないカードバトル宣言をしたから大元的に言えば何も解決していない作品となったが、主人公たちの物語としてはまとまったものにはなっていたかな。だがそこに絶対的に名狂気が足りなかったように感じられるしあまい苦汁を飲んでいるかのような印象の残る作品になってしまっていたように感じられるところではある。要素的に一つを突き詰めることが出来なくて全体的なバランスも上手くとれていなかったような感じではある。物足りなさを常に感じる作品になってしまったのは残念なところではある。

*ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校 5点

 1・2期とは違い1クール全10話で1試合のみ展開された3期目である。全体の試合密度としては一番濃いものになったのではないのだろうか?試合シーンそのものに対しても力のあるものを思う存分にぶつけることは出来ていたように感じられるところではあるが、全体の演出としては安定期を迎えたように感じられるところだ。そこから一歩更なる成長期屁と歩むための一歩は欲しかったように感じられるところだ。過去描写も適度に収められていたように感じるけれども、白鳥沢との因縁はもっと深いものであった方がよりドラマ性は上がったかもしれないと感じるところではある。でも今回は相手チームとの因縁よりも個々のチーム制と個人個人の力が示されたシリーズでもあったかもしれない。その辺りの描写に関する好き嫌いの幅は大きく感じるところではあったかなと思い至るところだ。これからもシリーズ展開を続けていくことが提示されたわけではあるがより高みを目指す演出と展開を期待したいところではあると思う。

*レガリア The Three Sacred Stars -1点

 本放送は夏クール作品だったが2か月の順延によって秋クール作品となった作品である。それなら完全に秋クール作品とするまでに順延してもよかったとは思うのだが…。手書きロボットアニメーション作品ではあるけれどもロボットに対する必要性をそこまで重視するさせることが物語り中にできていなかったように感じるところだ。キャラクターに対しても掘り下げ不足の感じがしてならなくてテーマへの訴えも出てはいたが深いものへと昇華することが出来ていなかったように感じられるところではある。王国や国民とのものから家族へと収束していったが個人的には逆に手もよかったかなとは思う。後半国や国民と言ったところが置き去りになってしまった感じは否めないし、王の物語として王国要素を序盤に置く必要性はあまり感じられないものになってしまっていたように感じられてしまう作品になってしまっていたように思う。序盤から謎の敵というものを出したりロボットを出しても強みに帰ることは出来ていなかったかなと思うし暗いだけでシリアスへと消化することはあまり出来ていなかったように感じられる作品に仕上がってしまっていたと思う。テーマや全体的な要素への取っ掛かりやその要素への特化がより感じられればまた違ったものに感じられたりなっていたかなと感じる作品ではあった…。

*DRIFTERS-ドリフターズ- 6点

 偉人たちの異世界征服録。ドリフとエンズに分かれての戦。異世界で人生をやり直すそこには感じ得ることの生き様が詰まっている作品ではあったと思うところだ。原作の雰囲気を壊すことなくアニメーションに落とし込んでいると思うし、ご新規さんもファンも楽しめるようにしっかりと設計施工がされた作品でもあったように思う。偉人たちのことを知っていればより楽しくなるのは確かではあるが、そうでなくても楽しめるように作られた居たように思う。話の緩急のつけ方も上手く全体的な情報量の扱いは非常に上手かったように感じられる作品であった。戦もしっかりと描き出されていたように感じるところだ。作品の雰囲気を壊さずというか作品そのもにアクションを上手く付け足しているような感じ。正直これならば原作との同時完結を狙うべきだったかもしれないと感じられるところではある。あと少々全体的な夜のシーンをも少し明るく見やすくするべきではあったかなとは感じるところではある。きいちごの美味さを余すことなく堪能するためにこの作品と向き合うべきところ作品が向き合うところは多いがそれでもきいちごの美味しさを知ることが出来る作品ではあったと思うところだ。

*ガーリッシュ ナンバー -8点

 声優業界の裏事情を出す作品?アニメ業界の裏側を出す作品?業界に問題提起をする作品?クズが業界に風穴を開ける作品?どれもこれも実現することが出来ていなかったように思う。ネット上で語られるような業界事情をそのまま持ってきたような業界ネタを散りばめた作品。業界をぶち壊すことも声優業界の深層に光を当てている訳でもなく、表面上を切り取って見せているしかない作品になっている。キャラクターたちがただの道化でしかなくそこに登場の深い意味合いを出すことが出来ていなかったと感じるところだ。それこそ普段おちゃらけているところを見せているが、やるところではやるようなそぶりを見せてもその先に繋がるものが全く持ってない、クズなのにメンタルがクズではないとか、やりたいことがひん曲がって形成されたような物語になっている。それこそやりたいことが出来ていたとしてもそれをエンターテイメントにすることには出来ていなかったと感じる作品だったように思う。それぞれのキャラクターを出してもそれぞれに繋がる要素をチラ見せしているだけでキャラクターに深みを与えることが出来ていなかった…より深くできそうな要素はなぞられるだけでもあったし…俳優がメインになのに俳優には手を出せないアニメの出来に対して提示しているのも根本的におかしい。それを俳優陣がどうにもこうにも出来ないところでこいつがダメなんだと提示しているだけ。不満を貯めるだけでそれを解決させるガス抜き要素がないのはどうなんだろう?俳優が手を出せないにしてもそこと懸命・または卑屈的に向き合う要素を出すべきではあった。最後の最後の言葉も言い訳がましくてそれこそキャラクターの言葉になっていなかったと感じるところではある。ガーリックでも何でもない砂糖をなめて苦い~と言っていた作品ではあったかな。


*終末のイゼッタ 5点

 魔女と戦争と王女と王国。ミリタリー要素満載?と思っていたらそう感じたところとは少し違ったかな。魔女と愛情に関する物語だったように個人的には感じるところだ。だからこそ戦場のお伽話を描き出したという感覚が強くする作品ではあったように思えるし一兵士が見た夢だったようにも感じられる作品ではあったと思える。ストーリー展開そのものは作品タイトルを目指して集結したように感じられるし落としどころとしては悪くなかったように感じられるところではある。ミリタリー描写や魔法描写に関して言えばそこまでとっしたものではなかったかもしれないが満足いくものに仕上がっていたように思う。ミリタリーと魔法という相反するものを融合させるって難しいところはあると思うが、これからの発展形みたいなものをいつかは見てみたいと感じるところではあるかなと思う。イゼッタとフィーネを中心としたキャラクター描写も周りを含めてちゃんと地固めすることが出来ていたように思う。個人的には序盤のような雰囲気のままより主人公の2人に寄った展開も見てみたかったかなと感じるところではある。安心してキャッチボールをすることのできる作品ではあったかなと思う。

*ブブキ・ブランキ 星の巨人 2点

 フル3Dアニメーション作品の後期12話の展開。元より王道路線で展開されたストーリー展開がメインであったように感じられる作品ではあった。一つ一つのストーリーや個々の物語を盛り上げていく為にはもう少しさまざまな燃料投下が必要だったように感じられるけれども、この作品を通して描き出したいものというのは一点特化していたように感じられるところである。寄り盛り上げるためには連携爆破も必要だったかもしれないがこの作品はその辺りの繋がりがあまり感じられなかったところがあるかな。戦闘シーンはちょっと落ち着いてしまったように感じられたのは残念なところではあるけれども、キャラクター表現はより豊かになりつつあったように感じられるところだ。数多くのキャラクターを前期では登場させていたがそれらをうまくそれぞれの見せ場を用意して物語そのものを廻していたように感じられるところだ。最初からこれは絶対にやってくれるだろというところも余すことなくやった訳だし押しや引きの強さはなくとも地味で堅実だった一歩一歩を石橋をたたいて渡るように進む作品であったように思う。

*魔法少女育成計画 2点

 魔法少女まどか○マギカのフォロワー作品であり魔法少女が無残に殺されていく作品である。この作品の本質はラストシーン・最終話に込められていたように感じるところではある。だからこそこの部分をもっと生かすことが出来たんじゃないかという思いは少なからず感じてしまう作品だった。毎回魔法少女が作品の都合によって殺されていく感じが強く、スマホアプリを介したものも魔法少女をやっている面々を見るとやっていることに対して違うような印象を持ってしまう作品でもあったと思う。それこそ作品の都合によって動かされてしまっているというのが大きく見えてしまったように感じる作品だったように思う。その辺り上手く隠すことが出来れば違ったかなと感じずにはいられない。テーマ性というかメッセージ性を出せたところはあるだけにフォロワーの領域を飛び出すことが出来ていなかったのは残念に感じるところでもある。キャラクターの過去描写とかフラグにしか感じないところも十分にあった訳で底からよりキャラクターを広げていってほしかったかなと。船頭多くして船山に登るのような状態な作品だったと思う。

*ViVid Strike! 6点

 なのはシリーズの最新作として挙げていいのかどうなのか?ViVidの続編としても定義が難しい位置にいる作品となったように感じるが一応ViVidのスピンオフ?ViVidからの格闘路線をより強めた作品となっているが、描写を本格的な格闘描写に寄せることに寄って今までとは一線を画すようなリアルスタイルになっている。リンネの過去描写も相まってよりこの作品だからこそできる描写というものが深められたようにも感じられるところだ。序盤のエンジンを掛けるのには時間がかかったが今までの生易しい自分から決別する回からは本格的にこの作品の有効射程距離が広がり魅力ある物語が展開されたように感じるところである。試合描写も回を増すごとによりよくなっていったかな。絆や努力・友情と言った少年漫画の熱血な物語を今この時代に、この時代だからこそ殴りあって友情を確かめ合うという時代の話を女の子でやるというコプセントだったと感じるところではあるが、そのコプセントはど真ん中にというわけではないもののストライクゾーンには入っていたように思う。ViVidの不安点であったところをうまく改善していたようにも思うしキャラクター数が減ったことによって物語への没入度は強くなったと思う。このシリーズがこれからもこの路線を堅持していくのかは不透明ではあるがなのはやドックデイズの長期シリーズが陥っていた閉鎖空間は壊して新たな風は入れることにはそれなりに成功していたと感じる作品ではあった。

*ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 5点

 ジョジョ4部は連続3クール作品。4クールやったスターダストは間延びしたような印象を受けるところがあったから連続3クール作品にしたのはよかったように思う。尺的に苦心したところも見受けられたわけではあるけれどもそれでも突き進むことによって締りが出たとは思う。町という限られた場所で展開されたこともその一因となっていたかもしれない。個人的には今までのシリーズとは要素ががらりと変わったことによって違った味わいの出ている作品ではあったと思う。今までの要素を見せつつも中盤からそれを回として変えてきたように思うし、たった一人の強大な敵との戦い戦いでありながらも強大だからこその展開が魅力的に描かれていたように感じられるところではある。キャラクターへのアプローチも完全な連携とは言わないまでも上手く回しつつ掘り下げていたと思うし、シリーズのマンネリを防ぐために入れた要素がシリーズを新たな展開へと導く作品になっていたように感じる作品ではあった。異質であって異質だからこそダイヤモンドは輝けたのかもしれない。

*SHOW BY ROCK!!# 2点

 SHOW BY ROCK!!も前作の好評を受けての第二期となった。しょーとの話も若干伏線として仕込まれているがそれはそれで完結してい入るのでそこまで影響はないかも?どちらかといえばこの作品はラストの全員集合曲をやるためのファンディスクという側面が強かったように思える。それならばラスボスをより序盤から先頭へと出させて全員集合曲の為の展開への下地を強固に作っていってほしかったかなとも思うところではある。人気キャラクターの出番は比較的多かったがもう少しだけ万遍なくキャラクター展開にバランスを持たせてほしかったと思うところもありファンディスクとしての要素を強めてしまった感じは否めないように思う。要素を個別に作るけれどもそれが最後にすべて一致して組み立てられたわけではないのでちょっと全体的な物足りなさは感じられてしまったかな。新キャラクターも生かし切れていない感じは少なからずする作品になっていたように思う。新たな要素と今までの要素をうまく絡ませることが出来ていればと感じずにはいられない作品ではあった。

*怪盗ジョーカー シーズン4 2点

 分割2クール×2クールの後半ラスト4クール目。前半2クールと後半2クールはストーリー的には大きく違うけれども全体を通して見れば1年通しアニメ企画作品だったかなと思うところだ。3クール目に展開された物語を中心に展開される古代のお宝篇の完結編となっている。3クール目のなかで提示された謎や物語をようやく回収している形でありいつも通りの展開も用意されている作品となっている。3・4クール目も分割になっているが一気にやりきった方が個人的には物語に対する没入感は高まったかなと感じるところではあってその辺りはちょっと残念ではある。大元からの作りから通して見てこそ楽しめる作りになっていたのは間違いないだろうし1クールでも強い話は見たかったかなとは思う。いつも通りの話を展開されることが多かったからそれこそシリーズの根幹になっている話に対するアプローチはもっとあってもよかったかなとは思う。子どもたちが楽しメル作品としての柱はしっかりしていたかなと感じる作品ではあった。

*12歳。~ちっちゃなムネのトキメキ~ セカンドシーズン 0点

 分割2クールの2クール目にあたる作品。恋人は幸せなキスして終了な作品でもある。基本的なところは1期目とは大きく変わることはなかったように感じられるところではあるそういった意味では物語に大きな変化を起こすことなく繰り返す物語構図になってしまっていたようにも感じられるところではある。「ことな」モードな作品ではあるはずなのにいつの間にか恋愛漫画的な要素から飛び出すものが無くなってしまった感じである。思春期特有というかこの年齢だからこその要素が減ってしまったというべきなんだろうか…?ライバルが登場しても一時期の期の迷いまでで留められてしまう所ではあるしな。この恋が本当の恋なのかというところはまだ年齢的に早いところではあるのかもしれないが特有の門は無くなりつつあったように感じるところではあった。1期をキレイに見ることが出来た人はそのまま楽しめる作品ではあったと思うけれども、とても邪な感情に捕らわれて「ことな」から大人になり過ぎた人にとってみればそう見えなくなってしまった作品ではあると思わずにはいられないところであった。

*ステラのまほう 3点

 NEW GAME!に続く芳文社新棚ゲーム系の刺客。実際に同人ゲームも配布している作品である。部活動作品ではあるけれども部活動とは少し違った変化球を投げている作品でもあるように感じるところ。絵描きというメイン題材からするとGAの方が近いような感じもする。ゲームという未知の世界を通して自分がどのように絵をレベルアップさせていくのかゲームというコアがどのように人を成長させていくのかというのが描かれた題材であると思う。全体的に一つのことに特化しているようで特化していない精神的な幅広さを物語に出しているからか、受け入れ層としてはあまり広くはない作品だと思うしも少しキャラクター同士交流とかを見て世界の広さだけではない深さも見たかったところではある。笑いの要素も少なめになっていたように感じるしその辺りちょっと残念にかんじるところも少なからず存在するかな?でも特化した面白さというものはないけれども自然となり浸しむことのできる作品だったように感じる作品ではあったと思う。

*灼熱の卓球娘 1点

 甘い勝負の中にいると思わせておいて熱血スポコンアニメーションな作品。練習試合編では大幅に補完が行われている作品でもあるそうな。時期的に今というのは狙ってアニメ化されたというところはあるのだろうと感じるところではある作品ではあったりする。また汗をしっかりと表現するというのもこの作品の一つの特徴ではあるかな?個人的にはベットりした表現に見えてしまったのだがこのあたりは個人的名感情の違いだろうと思う。スポコン要素も押し出されてはいるけれどももっと熱血寄りでもよかったかもしれない、熱血的ではありながらもまっすぐな熱血球を投げているというよりは、それを隠す為に変化球にしているような感じがして熱血的な要素とそれを隠すかの要素それに日常的な要素のかみ合わせはよくなかったように感じられる作品ではあった。卓球作品は珍しいのだがそこからより一歩を踏み出していってほしいと感じる作品ではあったかなと。様々な要素が溶けきっていないような印象を受ける作品だったように思う。

*装神少女まとい 2点

 白狐初のオリジナルアニメーション作品。白狐だからこその神様ものだったのかもしれない。1クール作品ではあるがまとまりとしては綺麗なところに落ち着いたように思うし神様とこの日常という普遍的なものを求めたからこそこのエンドになったのだと感じられるところではあるかな?綺麗なエンドであったからこそ序盤からの爆発力がなかったと感じられるところなのが残念なところではあった。それこそ専門的な要素をばら撒いていたからではなく、敵と戦うことや装神することに対する大きな目的に対する情熱を注ぎ組むことが出来なかったように感じられるからだ。高次元の敵に感情や思考言葉を与えるべきではなかったかも、敵との因縁があっても敵も味方も掘り下げ不足になってしまった感は否めない。小さな波も大きな波も訪れることなく最初から最後まで穏やかに終えられてしまったように感じる作品ではあった。キャラクター周りは綺麗に塗装されているのにキャラクターが動かす物語にも、物語がキャラクターを生かすこともあまり出来ていなかったように感じられる。バトルシーンも毎回あっさりしすぎていたのもよりそれに拍車をかける結果となってしまっていたように思う。どちらかにでも寄れていれば熱い展開位は出来たかなと感じられる作品ではあった。

*夏目友人帳 伍 5点

 実に4年ぶりとなるTVシリーズ。本作も分割2クール体制ということで構成が変更になっており監督も総監督制となっていて今までの4クールとは大きく変わったと言ってもいいスタッフ体制となっている。伍からの新シリーズも全体的には1年分の構想が引かれているのかもしれない。4年ぶりということではあるが全体的な作りに4年前とは大きな違いは感じられないいつも通りの夏目友人帳になっているように感じられるところだ。しいて言えば今までとそこまで目立った違いが感じられないので新鮮味はどうしても薄れてしまうように感じられるところではある。泣きの要素も全体的に抑えられていたと感じられるし長いシリーズ展開となったからこその弊害が出ているようにも感じられるところではあった。変わらないことの良さも悪さも感じられる作品ではあったかなと思うところではある。ちゃんとこの作品らしい展開もあったし変化というのは無用な作品ではあると思うがこのシリーズに掛かる重圧は想いとも感じられる作品ではあったと思う。

*ナンバカ 2点

 ナンバーを付けたバカたちが活躍するギャグアニメのはずだった…。が単行本既存分の後半からシリアス一辺倒になってしまった作品ではある。ギャグ作品として1クール目ぐらいは突き通してほしかったなと感じるところ。分割しない2クール作品ではあるが1クール目はTV放送して2クール目はweb版のみに絞って展開されるという移動型放送形式が取られており最終的にコミコへと移動するように仕向けられている作品。閉鎖的な空間の中でギャグを展開させるというのは難しかった部分もあるのだろうとは思うけれども、シリアスが全体的なキャラクターを深みを与えてギャグがより生きる形になっているのか?と問われればそうではないと感じる作品ではあった。展開させていたものを一体収束させた感じもしてくる切り替えのようにも感じられたし序盤からどちらも適度に展開させてくれていればまた違った印象を持つことは出来ていただろうからその辺りはもっとうまくできたんjyないのかなと感じずにはいられない作品だった。

*響け!ユーフォニアム2 6点
 
 吹奏楽作品の2期目。原作のラストまで描かれた1年間の物語の集大成的な作品であるところ。演奏よりもどちらかといえば吹奏楽を取り巻く問題やそこに関わる人たちの心情がメインに描かれたように感じる作品ではあったように思う。人間の問題は重苦しくしているけれどもその水風船をうまく水抜きしているところは感じられるので、強いストレスが常に感じられるというのはなかったトおもう。1期では肩を強張らせて久美子にならなくちゃという義務感で動いているような感じではあったが、2期では肩にのっかかっていた付き物が取れ方のように全体的にすっきりした印象を射たかせる作りになってたように感じられるところだ。部内のひと悶着が展開されてもきっちちろ解決方向へと向かわせて全国大会へ望むことも出来ていたからだろうか、久美子とあすかという主役とストーリーテラーの関係がよりだし作品の本当の意味合いを出すことが出来ていたからでもあるのだろうと感じるところ。ユーフォの音という余韻をうまく使い落としどころのいい作品には仕上げていたように感じる作品ではあったと思う。1期とは様々な意味で違い一つの終着点を見せた作品だと思う。

*WWW.WORKING!! 1点

 web版のワーキングをアニメ化した作品。雑誌版の方とは別店舗のワグナリアが描かれる作品となっている。1クールのみだからかは分からないが今までのシリーズと比べると恋愛要素が一気に押し出される作品となっているように感じる。じっくり描かれていた分詰め込まれたかのように思える作品ではあったかな。キャラくクター周りをじっくり固めていく時間があまりなかったように感じられるところではあったりするわけで。だからこそ急速に主要キャラクターたちの関係が発達し成就するように見えてしまったところはある。もう少しキャラキャラクターたちを掘り下げていってから恋愛要素へとつなげていった方がよかったかなとは感じるところではあるし恋愛とは別の方向へと行くことが全体的な展開としてあってもよかったのではないのだろうかと思うところではあったりする。今までとは違う別系統だからこそより冒険的な展開が欲しかったような感じではあるかなと。キャラクターたちを突出させてもよかったと思うしそういった意味合いでは今までを世襲した感じは否めなかったように思える。


*うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター 1点

 うたプリシリーズも本作で4作品目になる。本作もスタッフ構成が変更されている作品ではあるがこれもマンネリを防ぐためでもあるのだろうか?さすがに新規キャラクターを増やしてくるということはなかったが本作は楽曲を出す為に物語があるかのようなPVのような作りになっていたように感じられるところ。キャrクター紹介的な作りになっていた前作からするとST☆RISHをメインとして引き戻してきた感じはあるが、掘り下げという意味合いではもう底をついてしまったかのように楽曲の為のキャラクターたちの躍動が展開されたように感じられてしまう。新たな一面とか想像もつかないような展開とかが無くなってしまって落ち着いてしまったかのように感じられるところだ。この作りが4期のテイストとしてずっと続くためにその為にやっているんだというところは強くなってしまったように感じられる。楽曲やキャラクターを見せる為の物語ではなくてキャラクターをより生かす魅力的に映す物語が見たい。ト感じる作品ではあった。個人的にはうたプリのライブシーンはCGややめてほしいんだよね。うたプリとしては合ってないというか今まで(2期)手書きでやっていたのにという感覚は強いしまだ違和感を感じる。ライブシーンも堅実そのものになってしまったしそこは盛大に嘘をついてほしいと感じずにはいられなかった。

*文豪ストレイドッグス第二クール 3点

 文豪ストレイドッグス分割後半2クール目である。3期目もあるかのようなラストの展開はそれこそ原作との兼ね合いでもあるのかな?本作はどちらかといえば過去篇が重視された作品でもあるかのようにも感じられるところだ。そのために1期シリーズがあったかのような印象も少なからずするところではある。それがあってこそ現代篇がより引き立つかのような作りではあったかなと感じるところだ。後半3組織による三つ巴の戦いではあるが全体的なところを見ればそれこそ三つ巴の修羅場ではなくいつも通りの文豪たちの戦いがほぼタイマンで続く作品ではあったように感じるところではあるかな?闇と光のコンビバトルをもっと数多く見たかったというところも少なからずあるように感じるところではあったりする。でも龍之介を本当の主人公だとすると武装探偵社のブラックさは…なんともいえないもののような。顔と今が交錯することによってようやくすべての舞台は整ったかなと感じる作品ではあったかなと思う。独特の力は確かに存在したかなと。

*舟を編む 4点

 辞書作りをテーマにした作品であり落ち着いた雰囲気を最初から最後まで崩さない安心して言葉の海に飛び込める作品ではあったと感じるところである。言葉を海を渡って長い時間を掛けて辞書を作っていく。この作品はその中の一部を切り出したに過ぎないが辞書作りに掛ける思いが青春の思いと変わらないように表現された作品ではあったと思う。恋愛話と言ったわき道にそれることがほぼなく常に辞書作り一直線だったがだからこそ表現できるものもあったと感じる。ここ最近では味わえないような独特の力を持つ作品だったと思う。この作品の言葉に押しつぶされそうになることも十分あると思うがそれとどのように向き合っていくのかというのはまるで試されているかのようであった。それをおしとどめて押し返したものこそこの作品の海を渡り終えてこその気持ちを抱ける作品になっているのではないのだろうか?派手なものは一切ないけれどもじっと真剣に向き合えるような作品それこそがこの作品だったのではないのだろうか?

* ドリフェス! 2点

 ブレイブビーツチームによるアイカツ!といろなところを共有するAC・スマホゲーム原作のアイドル作品であり、2期決定積みの作品である。域としてはアイドル本格デビューまでの道のりが描かれた作品である。また中の人たちは2.5次元アイドルとしてデビューしているガチアイドルである。アイカツ!とストーリー展開としては似ているところは感じる作品であった。そういった意味では男性版アイカツという側面が強くでいる作品ではあった。シリアスなギャグをやっているところもあってアイドル作品だったりアイカツだったアイドル系の作品が楽しめる人ならばならば楽しめる作品になっていたように感じられるところ。少々とっつき難さみたいなものを感じるところではあったし、全体的なテイストとしては原作ファン既存のファン向けに作られていたように感じられるところではある。2期はその辺りより深くなるかもしれないが…。よりこの作品らしい要素は突き詰めていってほしいところではある。周り出した回転ずしが回転ずしでなくなるくらいに。

*ブレイブウィッチーズ 3点

 ストライクから続く舞台502を主役にしたシリーズ最新作である。ここまで来るまでに新規部隊が主役になる話がやってくるまでに時間が掛かり過ぎてしまったところがあるのは否めないところではあるところだ。より過去のシリーズが神格化されてくるわけでもある。キャラクターの掘り下げ等々は前作を世襲しているところは多くあるがこの作品としてはその方式はあまり合わなかったかなとは思う。カクキャラクターを十分に掘り下げることが出来たのかと言えばそうではないと思えるところではある。501の人物たちを出したのも2クール目以降ならという感じはしてくる。戦闘も見劣ってしまったかのような躍動感にあるれるシーンはもっと欲しかったかなと思うところだ。部隊全員が揃うということも全体的に少なかったように感じるし、なんだか準備不足のまま飛行を開始いてしまったような印象がぬぐいきれない作品ではあったと思う。ここぞというときにこそ新しい血を投入すべきではあったかなと思う。停滞するよりも前進せよそのための力であると。

*ユーリ!!! on ICE 6点

 ENDLESS NIGHTから続く男子フィギア作品の集大成的な作品。1クールでシーズンのすべてをやってしまう構成は詰め込んだと感じるとともにその詰め込み具合がスピード感につながっていたのではないのだろうかと感じるところではある。大会ではスケートシーンが詰め込まれた分それこそ緩急が付けづらくなってしまっていたようには感じられるかな?原案が原案なのでそれこそ漫画的なつめこみ間になってしまった。だからこそ2クールあればその印象はがらりと変わっていただろうしライバル勢にもより掘り下げを行なうことが出来たいただろうと感じる作品ではあった。1クールだからこそのものと2クールあればなというものが同居しすぎる作品ではあったかなと思う。序盤はこの詰め込み具合でも十分だったけれども後半には息切れを起こしてしまったように感じられるところではあった。それでも中心人物の関係性をしっかりと描き出していた訳ではあるし、サブキャラクターたちも忘れられないほどにインパクトあるキャラクターに仕上がっていたように感じられるところではある。ガツンと初回のインパクトを出し心をわしづかみにし後は持っていけるだけ持っていく、今のアニメーションを端的に表した作品ではあるのかも。

*フリップフラッパーズ 6点

前半6話と後半7話のストーリーコプセントとしては別々の道を行ってしまったように感じられる作品になってしまったのは非常に残念なところではある。どちらの道が最初から最後まで提示されても今のこの作品にはならなかったであろうとも感じるので難しいところではあるのだが…。その違いも楽しめる作品になっていたかなとは思う。夢の世界や童話的な世界親が子に語っている空想物語を見ているかのような夢と希望が詰まった作品でもあったと感じるところだ。様々な要素を詰め込んだ結果この作品が生まれたのだと感じるところではあるけれども、もっとさまざまな根幹に関する情報を開示してもよかったかなとは感じるところではあるかな。その絶妙なさじ加減もこの作品をもっと楽しみたいという欲求を刺激することが可能だったのだろうとも感じる。一言では言い表すことが出来ない作品でもあったと思うし、一つ間違えばつかみどころのない作品になってしまうわけでもあるが…この作品の答えはそれこそ作品から出されるものではなく自分自身で見つけ出すものなのだろう。

*競女!!!!!!!! 1点

 新たな公営ギャンブル競技「競女」を舞台にしたハイテンションバトルアクション。アクション部分がすごいのかそれ以外の要素がフォローし合っているのかは分からないが、お下ネタを繰り出してもそれほどお下品に感じることはなかったのはある種すごいことではないのだろうか?それもこの作品だからこそ成しえることが出来た要素だろうと思う。つかみどころが難しい作品でもあるし、人を選び過ぎる作品でもあると思うがなぜこの作品がアニメ化を成しえることが出来たのかというのはなんとなくだが掴めたようにも感じられるところではある。無茶もお下品も熱血で押し通す作品ではあったかなと感じるところ。そのとっつき難さは作品に足して不利に働いていたように感じるし掴めないままならば永遠に掴むことすらできない作品ではあるが、それをやりきったk十は十分に作品の底力を物語っているように感じる。表層だけではなく更なるにキャラクターに深みを与えることが出来ていればより作品は深いところへと尻化することは出来ていたように思う。ある種紙一重が常に起こっている作品ではあると感じたところ。

*DAYS 5点

 野球の次はサッカー漫画だ!ということでダイヤのAに続く講談社のスポーツ漫画作品。2期も決定済みではあるが特定の試合を上げているってことは長期クールは見込んでいないかな?2つの成長を丁寧に描き出した作品ではあるのかもしれないがこの作品波に乗るまで少し時間を要してしまったように思う。序盤はつかみどころにあえいでいた感じは少なからずするところ。ヒロインが意外なところにいる出てくる作品でもあるし、サッカーそのものを見せるというよりは選手の成長を強く打ち出した作品ではあると思う。それをどのように感じるのかがこの作品をどう感じるかの分かれ道になっていたように感じられるところ。強いインパクトはなト思うし、強力なキャラクターに引っ張られるという作品ではないがそれぞれのキャラクターと二人三脚で歩んでいくことが出来ればこの作品は十分に楽しむことのできる作品ではあったと感じられるところだ。じっくりゆっくりと成長を描き出していくことに意義のある作品だったと思うところだ。2期目はその集大成的なところを見せてほしいと感じるところである。

*バーナード嬢曰く。 3点

 ご本紹介アニメ作品?様々な文学作品を読む人も読まない人も感じる「あるある」が詰まった作品であるように感じる作品。ギャグでありつつもその本を広める役割を担っている部分も少なからずあるかなと感じるところではあり、しいていうなればS文学がある限りこの作品はネタが尽きないのではないのだろうかと感じる作品ではある。リスペクトを込めつつ醸し出される文学の世界知らない人も気にはなってしまう作りに仕上がっていたように感じられうrところだ。そし文学を通して仲良くなっていくその姿には新たなる可能性の扉が開けていたのかもしれない。無限に作れるからこそ無限のむずかしさがある作品でもあったかなと思うところではある。文学だけではなく様々なジャンルや媒介違いにもより触れていける作品ではあると思うだけにこの手の作品は一定数増えていってもいいかなと思う。キャラクターの雑談に突っ込みを入れたり、知っている作品も知らない作品も含めての新たなる一面紹介したり知ったりと新たなる一面の為の作品ではあったかなと感じるところだ。

*私がモテてどうすんだ 1点

 ちょっと変化球の恋愛漫画作品?こういった変化球がアニメになるのも時代の変化によるものではあるのかも?王道路線系がアニメ化されなくなって久しい感じではあるのである種いろいろ試された変化球の投球でもあるのだろうと感じる。ハーレム物のようにも感じられるけれどもそれをうまくごまかしている感じはあるかな?男性メインではあまり受け入れられないところをこの作品は上手く濁して映し出しているようにも感じられるところではある。ギャグ寄りではあるのでキャラクターが少ない導入は必然的に弱くはなるとは感じるところではあるが、少しこの作品は立ち上がりが上手くなかったように感じられるところではあった。それを引きずったようにも感じられる作品ではあったし、進めば進むほどにより戸口が狭まる作品だったように感じられるところではあったように思う。灰汁が強い作品ではあったがゆえにその灰汁の味を上手く処理しきることが出来なかったように感じる作品ではあったと思う…。

*亜人 第2クール 4点

 劇場版三部作+TVシリーズ2シリーズと複合型メディアミックス作品のラストを飾るTVアニメの2クール目(分割)作品。劇場版でも感じるところはあったがより脂ののったストーリ展開は出来ていたように思うし、ジェットコースターで一気に盛り上がりを持っていった劇場版の勢い屋盛り上がりをあまり損なわずTVシリーズの2期目を展開することが出来ていたように感じるところだ。もう少し追加や劇場版のフォローシーンがあってもよかったかなとは思う。IBMのシーンはきっちりブラッシュアップがなされていたように感じるし、キャラクターの表情もより豊かになったように感じるところ。アクションシーンも1期よりはよくなったかなとは感じる。特性を出しにくい現代劇としてまだまだ課題点も多いようには感じられるがこれからの作品の生かしていってほしいと感じる。ラストとしては原作との兼ね合いやアニメシリーズとしてのラストを最大限互いの部分を生かした者となっていたように感じるところ。物足りなさも感じる作品ではあったが全体的な高揚感は上がった作品ではあったかなと思う。

*月曜日のたわわ 1点

 webの1枚絵シリーズから始まったアニメ作品。ある種同人的な作品から一気にアニメまで駆け上がってきた作品ではある。単一ヒロインかと思ったら複数性だった。そのシュチュエーションを楽しむことが最大の作品の魅力になるはずではあるけれども、フェチズムとかその作品だからこその要素が強く押し出されていたとは考えにくいところではあるかな。アニメになったことによって一つに絞られていた方向性が複数にまたがったて方向性として強く出ていた意図つの矢印が弱くなってしまったという感じがするところではある。単一ヒロインのままで様々なものシュチュエーション・フェチズムを描いていってほしかったというのがほんとのところではあったり…。癒し的な要素もあるはずではあるが癒しを期待するにはまだまだ回数が必要かなと感じるところでもあったりするところではある。創造性もより広げていってほしかったところではあるし、出来ることはやるべきことはまだまだある作品ではあったかなと思う。

*はがねオーケストラ 2点

 スマホ向けアプリゲームの宣伝作品である。宣伝しつつも宣伝だからとむちゃくちゃな方向へと振り切り走り始めた作品でもあるように感じるところ。本編のネタバレを編然と繰り出していたりする作品である。宣伝だからこそ自由に出来たのか名前が出せればキャラクターを出すことが出来ればそれほど内容にこだわる気がなかったのか、その答えを知るものは少ないわけではあるけれども様々な宣伝方法を気ままに試した作品であると思う。短編作品だからこそ全体を通してのノリもよく最後まで走り抜けることが出来たように感じられる作品ではあったと思う。それが集客につながっているのかという最大の疑問は兎も角として名前を広めるという意味の宣伝は出来ていたのではないのだろうか?もっと大々的にやってもよかったかもしれないがそれではこの作品の本質までは出しきれなかったかもしれない。この本編をないがしろにした感jもあるギャグ作品だからこそ出来たものもあるのではないのだろうかと思い至る作品ではあった。

*斉木楠雄のΨ難 6点
 
 ジャンプ掲載のΨ強超能力者ギャグ漫画(ただし神には逆らえない)おはスタと深夜版という2部構成で作られた作品おはスタ版は5分1話で深夜版は5日分を纏めたものとなっている。1話あたり約5分のテンポが続くことによって全体的なギャグテンポの維持はよくできていたように思うし、最後まで勢いを損なうことなく展開することが出来ていたように感じられるところではあるかな。登場キャラクターも話数が多かっただけに掘り下げもきっちりこなすことが出来ていたように感じるし、中盤からは自身の領域をがっちり固定することが出来ていたように感じる作品ではあった。徐々に浸食されていくというかその虜にされている作品ではあると思う。キャラクター個性も多種多様ギャグも一辺倒にならずに展開されたと感じられる作品だったように思う。続編も展開されることが決まっているがこのあたりのテンポを失うことなく続けていってほしいと感じるところではある。しっかりと楽しむことが出来るギャグ作品になっていたと感じる作品ではあった。

*マジきゅんっ!ルネッサンス 4点

 魔法芸術開幕。恋愛ものとしての側面を押し出す作品かと思っていたら全体的に押し出しきた要素が違った作品ではあると感じるところ。生徒会のユニット押しだったかなと感じるところ。全体的にはまだまだ続けることが出来そうな作品ではあったかな?恋愛的な要素を押し出していないからその辺りの決着や展開は見てみたかったと感じるところではある。大元の目標でラストになると思っていたことが中盤で展開されてしまったし、ある種エピローグも含めた展開をした作品ではあると思う、しいて言えばキャラクター担当回に担当回以上の展開を与えてほしかったかなと思う。そこから先にへと進むことが出来ていればなと。良くも悪くも「キャラクター担当回」という印象から抜けきることが出来ない担当回をやってしまっていたように思うところではあった。魔法芸術とかもより絡み合わせが欲しかったかなと感じるいろいろとあっと一歩が欲しい作品ではあったがそれも含めて安定して展開する見れる作品だったかなと思う。

*刀剣乱舞-花丸- 3点

 刀剣乱舞2つのアニメ作品のうちの最初の1作品目。花丸という副題が示す通りシリアステイストを抑え目にして日常風景を重めに展開した作品である。刀剣である以上戦うことは避けられないという部分もあるのか、シリアスや重苦しい雰囲気と一線を画すということは行われておらずあくまで日常に付属する形でシリアステイストや重苦しい雰囲気も展開されている。流石に47振り全員を掘り下げや魅力を見せるというのは不可能ではあったが要所要所まとめられて乱雑にキャラクターが出ていない纏められた登場の仕方をしていたのはよかったように思う。整理整頓された物語というかキャラクター周りに関して言えばその辺り頑丈に作られていたように感じるし、主の存在も姿は隠した分その存在が大きすぎる下手を打たずやり通していたように感じるところだ。この作品にとってのシリアスと日常の度胸はなかなか難しかったようにも感じるしシトーリー展開を派手にしてフックを多くするということもなかなか出来なかったように感じるのは寂しさも感じるがその分次の刀剣たちに生かしていってほしいと感じるところだ。

*侍霊演武:将星乱 2点

 中国の三国志を題材にしたアニメ。当初発表されていた枠が変わっていたりと何かあった感はあるが・・・しかしながらこれ確実にfa○eを参照にしてそこにカードアニメ要素をたして作っただろ感がする作品ではあった。序盤は特にその手の要素が抜け切れていなかったのは残念なところではあってもっと早く後半の独自性というかこの作品らしさを出していっていればなと思う。15分作品ではあったが30分作品だったらまた違ったものになっていたかなと感じるところではあるので短さによって本来の展開を失ってしまっていたようには感じる作品ではあったところではある。長期作品を見込んでいるのならばよりそうしてやるべきだったかなと思う。それだけにこの尺は損してしまったかなとは思う。光る要素やこれからも展開できる要素がある・あっただけに盛り上がりを出し切る前に終えてしまった感はするなからずする作品ではあったと思う。

*奇異太郎少年の妖怪絵日記 2点

 妖怪と少年の不思議な日常的な生活が描かれる作品。某夏目と太郎に似ているかもしれないがどちらかといえば感動系の要素よりもギャグ寄りの作品となっている。擬人化されている妖怪もそれなりに居て独特のハーレム的な雰囲気を醸し出しているように思う。原作とテイストが違っているとのことだがこれはこれで楽しめる作品には仕上がっていたかな?短編アニメとしてやるには少し勿体ないところも感じられるところではあったからも少しだけでも尺を取れればなおの事よかったように感じられるところではある。メインキャラクターたちはどれも個性的に仕上がっていると思うし、ある種いつでも安心して見ていられる作品ではあったように思うところ。もっとギャグのふり幅はあってもよかったかもしれないが、短編アニメであることを利用して超ド級のシリアスから超ド級のギャグ展開まで落差のある展開をやってもよかったかもしれない。ドタバタコメディとして楽しめる作品であったことは間違いないだろう。

*魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 2点

 この作品のセカンドシーズンがあるとはちょっと予想していなかったように思う。1期からのテンションというかストーリー展開は相も変わらずに全体的なオチが前回はしきれトンボだった部分を強く感じたところではあるが今回はそうでもなかったかなと思うところではある。原作の分量がそれほどあるわけではないのでお遊び回も展開されたりと、ある種自由に作られた作品ではあると感じるところではあった。そういった意味ではこの作品がアニメとしては陰に隠れてしまっている本質を出すためにはそれこそ原作が完結するまで待つほかないのだろうと思うところではある。謎めいたところを提示しつつも回収していないようなところもそれなりに存在する作品ではあるし興味を持ってもらう販促としては十分にその役割を果たしているのかもしれないが…そういったところの何とも言えない宙ぶらりんなところはそれなりに感じられる作品ではあったように思うところではある。

* おくさまが生徒会長!+! 1点

 奥様シリーズ?の2期目である。奥様は○○とタイトル付けされている作品ってかなり多いよなぁ。と思いつつもこの作品的にエバいつも通りに展開されたように感じるところではあるが、完全に奥様劇場の挿入が雑になってない?それと奥様劇場そのものが雑になっていない?内容すら読み取れないような形では作品が損なわれてしまうというか100を50にしているような感じがしてならなかった。奥様劇場の雑さは後半になればなるほど強くなっていったように感じられるし、それならばこんな形の規制回避方法ではないものを編み出すべきだったのではないのだろうか?自らに泥を塗っているような感じはしてならなかったんだよな。新キャラクターが大挙して押しかけている訳ではないのでもっと既存のキャラクターを掘り下げていってほしかったように感じるところ。良くも悪くもいつも通りのテイストが終始展開されるだけにとどまってしまった印象が強くなったのは残念なところではあった。

*てーきゅう 8期 3点

 てーきゅうもなんだかんだで8期目であり96話目展開されるという長期コンテンツとなった。深夜作品としてのこの長さはてーきゅうの底時からを感じさせるものではあるのかもしれない。休みを入れることによって、ギャグの質感はそれなりに取り戻したところはあったように感じるし、ヘロヘロパンチが多くなっていたところからはパンチ力が回復してきたかなとは思う。もっと強いパンチを望むとヘロヘロパンチしているところを感じられてしまう所ではあるのだが…。スピンオフも含めて様々なことをやっているだけのことはあってもう想像すら追いつかない展開をやるというのが難しいところではあるのかもしれないがそんな展開をやるというのをこれから先もどんどん提供することこそがこの作品の最大の使命だと思うところ。ここまでやって来たからには更なる英気を養いつつありとあらゆるものを超える新たなシーズンを提供していって貰いたいところではある。続けたいということなのでこれから先本当に続けられるかは未知数になりつつあるけれども。

*あにトレ!!XX 2点

 あにとれも1期の好評を受けて夢落ちの2期目。キャラクターを増やしたわけだけれどもも少し全体的な関係というものは示してしかるべきだったのかもしれないなぁ。そこは想像に任せるということと夢落ちということで存在していないかもしれない世界だから明示を避けたのかもしれないが。1期のトレーニング感からすると2期は少しその感覚が無くなったようにも感じられるところではあるけれども、逆にフェチズムの感覚は十分以上に上がったと感じさせられる作品ではあるのだ。そのドッキングを見てみたかったというところもあるので全体のイメージや目標からすると今回は少し方向性が変わってしまったのかなとも感じられる作品ではあった。カメラマンが一体何者であるのかという史上最大の謎も含めて寄りトレーニング性を高めた作品を提供していってほしいと感じられるところではある。そこからのし上がった作品であるからこそよりその方向性を極めていってほしいと思う。

*怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~ 3点

 ウルトラマンシリーズに出てくる敵役の怪獣たちを娘に擬人化した円谷プロダクション公認の企画。本家ウルトラマンシリーズがそれこそ子供たちの為の男の子の為の企画だとしたらこの作品は女の子の為の企画?こっちの企画もより大きくしていってほしいと感じさせられる作品であったことは間違いないだろう。怪獣娘たちのかわいらしさと大元になった怪獣たちの要素をうまくドッキングさせた作品であると思える作品であった。シリアスやギャグ展開を楽しむというよりも彼女たちの何気のない日常と日々の成長を楽しむ作品であったように感じられるところである。往年のファンから新規の人たちまで新たな発掘を仕掛けた作品ではあると思うし最初の襲撃としては上手くやり切った作品ではあるのではないのだろうか?ウルトラマンシリーズが永遠の光となり限りこの作品も光り輝くことが出来る存在。新たなストリ-ムを生み出したかもしれない作品ではあると思う。

*3ねんDぐみガラスの仮面 3点

 ガラスの仮面の公式的なスピンオフ。本編のアニメ化回数よりもスピンオフのアニメ化の方が回数多い気がしてきた。もちろんこの作品も原作者監修のもとに展開される作品である。むちゃくちゃを真正面からやるというむちゃくちゃな短編アニメだからこそ出来上がった作品ではあるのかもしれない。設定語りもそこそこに展開される考えるな感じろの世界もこの作品の魅力の一つではあろうと思うところだ。個人的にスピンオフでは存在消されがちな男勢の頑張りが目立つ作品でもあったように思うところ。闇ポエム神の正体ばれ会はこの作品の真骨頂でもあると感じるし、EDは全てに繋がる本編でもあった。本編からはかけ離れているように思えてもちゃっかり本編を知らないことも入っているという謎もあるがこういったスピンオフ展開が出来るのはガラスの仮面だからそなのだろうか? そろそろ本編のアニメ化をもう一度やってもよい頃合いではあると思うがはたして…。

*あおおに ~じ・あにめぇしょん~ 6点

 CGアニメーション映画化も決定積み実写化もされているフリーゲーム原作の作品。原作とかけ離れたギャグ作品ではあるが要素を残しつつ最大限生かした作品であると感じられるところ。短編アニメの強みを生かした作品であると感じられる。作品を知らなくてもやったことがなくてもついていける作品であると当時に原作をやったことのある人間ならばより楽しめる作品になっていると感じられるところでもある。尚且つギャグ作品だからこそのホラーは後味の強い者に仕上がっていると感じらる作品であったように感じられるところだ。毎回工夫を凝らした死に様(ギャグ)の数々は上手く笑いにつなげることが出来ていたと感じられるところではあったと思う。テイストどころかホラー寄りになる劇場版がどうなるのかは不安ではあるが、ギャグアニメーションシリーズとして長く続けることが出来る作品ではあったのでこのテイストを維持しつつ長く続けていってほしいなと思う作品であった。作風的にエバこれこそこの作品の強みが一番出ている作品なのかもしれない。

*雨色ココア in Hawaii 0点

 3期シリーズになる短編作品。スタッフも主役キャラクターも入れ替わる作品になってしまった。前作(2期)では姿をなぜか消していたキャラクターもようやく終結する作品となっているがハワイを舞台にした意味合いはあまりないような気がする。短編だからこその要素も少ないように感じられるし作品の宣伝でアニメをやっているという感じでももはやないんだよなぁ。それなりの時間を取ってやるのが一番スタイル敵にあっているような感じもするし、キャラクターを掘り下げるというか表層をなぞることも十分に出来ていないと感じるのであって…ある種ここまで来たことがすごい作品ではないのだろうかと感じるところではあったりして。これから先も続いていくかのような感じではあるけれどもいろいろと尺に関しては変えないと何とも始まらないだろうなと思うほかないところではある。ようやくキャラクターが揃ったわけではあるのでこの大所帯中心にやっていってほしいとは感じるのではあるが…。それこそ難しい状態になる?

*学園ハンサム 1点

 特徴的なイケメンを攻略することで有名なゲームのアニメ化作品である。ある種TVシリーズでこの作品がアニメ化すること自体が奇跡といっても過言ではないのかもしれない。そういった意味では奇跡の集合体こそこの作品がここまでのし上がってこれた秘密でもあるのかもしれない。ゲームキャストとアニメキャスト1粒での2度おいしい構成をとっているのも特徴的。ある種この方式が取られているゲーム作品やアニメ作品は非常に少ないところではあるので普及させてもいいのではないのだろうかとも思う。これをデフォルトにすれば今まで声では変えることの出来なかった悲しみに暮れることになったあれを解決することが出来ると。でも作品としては初撃のインパクト重視になってしまった感じに収まってしまったように思う。初回のパンチを超えるパンチを打ち出すことが出来なかったという感じでそれに勝るインパクトを話として展開させてほしかったように思う。もっとさまざまな奉公に話を作れると思うだけにアイドル展開やモデル展開上のものをだしてほしかったかな。

*美少女遊戯ユニットクレーンゲール ギャラクシー -6点

 伝説の作品が2期になって帰ってきた。クレーンゲームなんて全く関係のないアイドルアニメとして。スタッフが一部変更となったことによって前よりは分かりやすく入り込みやすくなったかもしれないがクレーンゲーム関係ない。アイドルアニメやりたかったの?ゴリラ殺したかったの?アプリの宣伝だけしたかったの?どれがやりたかったのかすら分からないぐらいには大元の目的見失っている感はある作品だ。前にあれだけやっていたクレーンゲーム要素ほぼないしな。アプリだけ宣伝したいならアプリの宣伝だけしてればいいと思うぐらいには本編とアプリ宣伝との内容がかけ離れていた意味を成していないと思うくらいにはね。アイドルアニメやりたかったらそれこそアイドルアニメを一から作り出した方がよかったように感じられる。ええかげんボスのゴリラぐらいは反省させてほしいとは思うところではあったりする。この作品これからも続くのかは分からないがこのままいっても変わらないような気もする作品ではあった。

*ナゾトキネ -6点

 ナゾトキ脱出アニメーション番組ではあるが、これアニメにしなくてもよかったんじゃないかな?それこそクイズブックスでストーリー展開があるクイズブックを見ているかのような作品ではあった。クイズが展開されているだけでどうのこうのする作品ではないし、クイズを展開したからとはいってもそれ以上あるわけでもないし、クイズアニメーションとしてはこれ以上どうすることもできないのかもしれないが、別の展開の仕方はあったかなとは感じるところ。クイズが出る・クイズを解くの前後に物語が展開しているだけではあるので…。もっとこねくり回した方がこの作品はクイズアニメーションとしての良さが出たのではないのだろうかと感じるところではあったりする。クイズとしての面白さもアニメーションとしての面白さも取り損ねた感が強くしてしまったのはう~んと言ったところではある。2期もやるらしい作品ではあるのだがそれなりにこねくり回さないとやはり何も変わらないようにも感じられる作品ではあるのでそのあたりどのようにしていくのだろうか……。

*ガールフレンド(♪) 2点

 ガールフレンドシリーズ開始から4年周年記念のOVA・WEB配信作品である。どうして4周年記念なのかというところに疑問を持つが・・・。文化祭における劇にフーチャーした作品でありメインキャラクターはTVシリーズと新規を加えての構成となっているが全体的にキャラクター数は絞られた印象がする。劇までの顛末を中心に物語を構成するのではなく劇そのものパートにスポットライトを当てているというのは個人的には珍しく感じる作品になっているように感じるところだ。過激にアレンジされたシンデレラではあるがそれぞれのキャラクターが演じる登場人物の面白さという意味では上手くまとめられていたように感じる、その反面当人たちのキャラクターが強く出たのかと言えばそうではないと感じられるところでもあったりする。この辺りは劇ものとしては難しいところではあると感じるけれども。なんだかんだでお祭りの為の特別な短編としては上手くまとめられていたかなと感じる作品ではあった。♪要素としてはOPとラストシーンくらいだけれどもTVシリーズから続いているものとしてはその範疇に収まっていたと感じる作品だったと思う。

*Fate/Grand Order -First Order- 3点

 スマホ用ゲームFGOの序章部分をアニメ化した作品。この作品が生まれたことによって無際限にFate作品がアニメ化されていくきっかけが生まれたようにも感じられるところではある。第一部の7つの物語を展開していくのかは分からないがFGOに新たな却足を呼び込むべく作られた作品であることは間違いないだろうと思う。そういった意味ではこの作品のヒロインが一体誰であるのか主人公は誰であるのかということを知らしめるために作られた作品でもあるかのようだ。Fateシリーズのアニメション作品とすると物足りなさを感じるのも否めないところではあるかなと思う。FGOがどのような作品であるのかということを示す為に作られたというところが勝ってしまっているように感じられるのだ。お祭り感と言えどももっと戦闘なりに困ってほしかったかなとは思えてしまう作品ではあったと思う。スピンオフFateはこの作品を基点としていきそうな印象もあるがその中で作品やシリーズを追い続けることがでいるのだろうか…。

*機動警察パトレイバーREBOOT 7点

 ドアのカラーの例の企画EXにして36話目。劇場公開された例の企画の本当の最終話かも知れない作品。パトレイバーのアニメ版リブートがしかも吉浦監督が作るとは3作品目ではあるがそろそろ長編を作ってほしいな。パトイレイバーを知らない人も知っている人も楽しめる真髄要素を詰め込んだ作品であると思う。リブートというサブタイトルがついているがそれを体現しているというか見事に表しているように感じる作品出会うと思うし、ここからアニメ版が再始動し出してもおかしくはないと感じるところだ。アニメ放送当時にはなかった要素も組み込まれていることによってより現代的なテイストは寄り再現しているというかより日常に中にあるレイバー中隊の活躍感はより出ていたと感じられるところではあると思う。今でも十分に通用する作品であることを示したかのような作品だったと感じるところだ。36話でほぼほぼ終わってしまったのはとても残念ではあるがこうした企画から新たな作品が生まれていってくれることを期待したい。


*ボロウド・タイム(原題) / Borrowed Time 4点

 ピクサーのアニメターであるアンドリュー・コーツ&ルー・アム=ラハジが製作した短編アニメ。ピクサーのアニメーターということもあって自主製作圭の作品とは思えないところではある。セリフはほぼ存在していなくて世界中の人々が楽しめるというか理解できる作りになっていたと思う。ストーリー自体も分かりやすいというか見やすくなっていたと思うし絶望と失意そしてそこからの解放というものが色濃く描かれていたように感じられると思う。どうしようもない事を避けられないことに足してんも罪悪感とどのように向き合うのか問うた作品であり大人向けというよりは万人が触れて考えるべき作品になっていたのではないのだろうか?巨大なる看板を背負わないからこそように出てきたようにも感じられるが巨大なる名があるからこそこういった作品を会社として出していくのも十分ありなのではないのだろうかと感じるところ。表には出せないものをよく描いた作品だったと思う。

*Shelter 4点

 ポーター・ロビンソンとその友人マデオンとの共作でありA-1 Picturesとのコラボレーションで生まれた作品。日本らしさと海外らしさが融合した作品となっているように思う。短編作品であり世界に向けた作品でああるがこちらの方はセリフがある仕様となっている。この作品のセリフは意味を持っているから排除は出来ないだろうが、セリフなしに挑んでほしかったようにも感じられるかな?どちらかといえば映像美に注釈して作られた作品であると感じるところで、この世界の幻想性をより高めるための作りになっているように感じられるところだ。イメージが想像から形になるってこういったことを指すのだろうというところを的確にとらえている作品でもあると感じるところである。いつかはこのような想像を現実のものとするというか世界そのものを自分の意思で色を塗れる世界もやってくるかもしれない。そんな楽しさと誰もいない世界における悲しさが兼ね備えられた作品であったと感じるところだ。


*Another #00 「The Other -因果-」 3点

 Another本編に繋がる始まりの物語であり本編では語られていなかった4月の死者に関する物語。未咲と鳴の姉妹であって本編に対するフォローを行なっている物語である。本編ではあまり見ることが出来なかった鳴の姿を見ることが出来る物語になっているが雰囲気はAnotherなので暗いのとやはりAnotherだったら死んでいるので死者に関することは離すことはできない作品となっている。本編に対するフォローが強い作品ではあるので本編を見てからこの作品を見るというのが一番であるけれども例の事件に関することに触れることなく本編を進めている作品ではあるので、ここから始めてもよい作品にはなっているかな?それにしても不思議な雰囲気を残したまま進む話に仕上がったOVA作品ではあると感じるところではあるかな?暗い雰囲気と相ではない雰囲気がどう狂しているというかこの異質な感じはなかなか味わえるものではない。


*精霊の守り人 7点

 女用心棒と王子の逃避行劇。たったそれだけの事が徐々にこの世界そのものを国そのものを揺らしていく物語りになっていく。槍撃シーンは元よりアクションシーンの出来栄えというか魅せるアクション性は時が経ってもその輝きを失わせるものではないと感じる。精霊の守り人で完結させるためにかオリジナルの要素は大きく挿入されているようではあるがそれを含めて一つの作品としての完成度を高める方向へとこの作品そのものが向かっていっているかのように感じる。それぞれの登場人物の良いところも悪いところも余すことなく表現しているように感じられる作品ではあった。人生哲学というほどでもないのかもしれないが、旅における必要な要素が詰まった作品でもあると思うし人それぞれの成長や変化が楽しめる作品として仕上がっていると感じるところだ。シリーズ展開しないかなとは思っているがここまで来てしまうとこの作品が唯一無二というところはあるのかもしれない。だからこそ出来た作品ではあるのだろうか。

*涼宮ハルヒの憂鬱(2006年放送版) 5点

 時系列がぐちゃぐちゃになった方のハルヒ。10年後のハルヒの前に10年間という月日の中に原作もアニメもそれほど動きを見せることなく10年を迎えてしまった。原作が完結しないままというのも驚きではあるが今この時系列グチャグチャ版が新作として世に出ていたらどうなっていたのだろうか?ある種10年という中でこれが浮けるかうけないかというのは大きく変わってしまったようにも感じられるところではある。でも一番の盛り上がりというか単発だったころの単行本1巻目のラストを最後に持ってくることによって盛り上がりを後半にラストに置くことが出来たというのもより求心力を強める結果にはつながっていたのかもしれないと感じるところではある。全体的なところを見るとその値rの強みは出せたのかも。予想外のことをするというのも超監督があったればこそでもあるだろうし。知らない人でも見ていけば引き込む要素を持ち合わせる作品だったのではないのだろうか?キャラクター配置におけるバランスもよかったればこそでもあると思う。


*うどんの国の金色毛鞠 0点

 香川を舞台にしたちょっと不思議な子育て物語。人間の子ではなくなぜ狸を主役にしたのか。うどんだからこそさぬきうどんと掛けているところもあるのかな?家族の物語としても子育て物語としても仕事に将来に悩む物語だとしても父親との過去の出来事に対する後悔を憂う物語だとしてもそれを十分に出したとは言い難いような気もするところではある。それこそそれらが一つにまとまって収束していくところが少ないように感じられたところではあったり。ガオガオちゃんも相乗効果を生み出していたとは個人的には感じられないところではあるかな?煮えたなべに後から気づくように問題が噴出した作品ではあるけれども、アニメーション作品としてもなんだかちぐはぐしたような印象で物語が上手くまわっているようには思えなかったかなと思う。どれを見せたいのか定まっていない様に感じられたというか。第一印象と最終的な印象が大きく異なる作品だったと思う。そこ乖離は最後まで響いたと思うし欲は働くことはなかったと思ふ。








*映画 RWBY VOLUME2 5点

 日本語吹き替え版の2作品目であり3作品目込みで劇場公開された作品である。1章目とは打って変わってといってもいいかもしれないがコミカルシーンは1章目に比べると少なくなっている作品であると思う。そしてその代わりに多く物語のこれからに対する伏線が仕込まれた展開が目を引くものとなっているように感じる。コメディ要素が少なくなってしまったのは少々残念なところではあるのだが要所要所で残しているし、アクションシーンも前作同様の仕上がりになっていて尚且つ個別のアクションについてより注力されている作品ではあるので、コメディ部分の漁に関して言えば好みだろうと思う。キャラクターが増えたけれどもそこをカバーして上手くメインキャラクターの心へと物語りを新たな局面へと持っていくことは出来ていたと感じる作品だ。寄り複雑に心の描写を増やすことによって出てくるものが友情や絆と言ったものがどのように収束していくことになるのか楽しみな作品であることには間違いはないと思う。

*映画 RWBY VOLUME3 5点

 日本語吹き替え版の3作品目であり現状の日本語吹き替え版としては最新作。4章目以降は日本語吹き替え版がちゃんと公開されることを祈るばかりでしかない。2章目がバトルシーンが少なかったからの反動なのかは分からないが本編中8割ぐらいバトルしていた印象。徐々にシリアスになっていく様は日本のアニメーションらしさ的なものを感じる。物語の根幹に繋がる要素だったり物語の展開そのものw揺るがすような事態が起きたりしたわけではあるが1~3章まで一括りとして一つの大きな物語が終わりを告げたようにも感じられるところではあるかな?この現状を踏まえて次なる展開でそのようにそれぞれの木津付いた心を癒し尚且つ成長させていくのだろうか?不安を期待が入り混じる作品であるがシリーズ全体を通してその味もまた持ち味になりつつあるように感じられるところではある。尖った映像シーンやギャグシーンなどのシナリオエッセンスが効いたものが徐々に少なくなってきているようにも感じられるがその辺りは仕方のないこととして割り切るしかないところも十分にあるだろうと思う。だからこそ2つの要素が反発し合うように感じられるところもあるがこれはこれで一つの作品なのだと。

*黒子のバスケウインターカップ総集編 ~涙の先へ~ 3点

 黒子のバスケ総集編三部作の2章目であり前作のオンリー対戦の総集編ではなくなったので過去編要素が少なくなった総集編ではある。その分サブタイトルに描かれた「涙」の要素を強くして基本構成された作品ではあると思う。一部柱となっている「仲間」というところで描写が足りないかなもっと過去編からの要素を持ってきてよりキャラクターを掘り下げていくべきなのではないのだろうかと感じられるところはあったけれども「涙」の意味は強くしていたと感じられるところではあったかなと思う。そういった意味では総集編における見せたいものがはっきりとした総集編に仕上がっていたと感じるところではあったりする。この編集構成を経て3章目の構成がどのようになっているのか楽しみにしたところではある。当てるべきところにはすっかりとスポットライトを当てて主役をより強くより激しく見せていたかなと。仲間というものが一番強く出ていた章でもあるかなと。ある種完全新作への導線は強く燃やしていたようにも感じる作品ではあった。

*黒子のバスケウインターカップ総集編 ~扉の向こう~ 3点

 黒子のバスケ総集編三部作のラストを飾る3章目の作品である。この3部作を踏まえてキセキ世代が集合するの劇場版へと繋がっていく作品となっているように感じられるところ。本編そのものが黒子のバスケというよりは赤司のバスケってくらい征十郎の征十郎による征十郎の為の作品というくらいには生重量のシーンに寄った構成がされていたのが印象的だ。の為にウィンターカップでは唯一テツヤたちと戦っていない真太郎が割を食った形にはなってしまっているように感じられるところ。もっと時間的なものを作ることが出来ればそれも変わってくるのだろうとは思うけれども致し方ない部分であり動かすことは出来ない。誠凛VS洛山に比重を置いた作品でありまさにこれからは征十郎が重要要素だぞと言わんばかりだったように感じられた。過去要素や脇道要素は少なく抑えられていたために全体的にスムーズに流れたように感じられる作品だったと思う。征十郎の変化を見る為の試合の力を見るための作品それがこの作品である。

*GANTZ:O ガンツ:オー 6点

 ガンツの大阪編を切り出してフルCGアニメーション化した作品であり構想時は東京篇と合わせて2部構成だったそうだがそれは現実のものとならず大阪編のみ映像化されて世に送り出された作品である。リアル等身よりのデザインがされているが違和感なくCGアニメとして落とし込みがなされているように感じるしちょっと肌質感が気になるだけで全体的に言えばクオリティは高く作られていたと思うところだ。アクションシーンに関しても同様で暗すぎるシーンがなくて全体的に見やすく設計されていたように感じられると思う。物語そのものも人気のエピソードである大阪編を切り抜いたことによって起承転結纏まりを感じるものに仕上がっていたように思うし、ご新規さんにも入りやすいように作られていたと感じるところだ。それぞれ濃ゆいキャラクターたちにも出番屋盛り上がりどころをちゃんと用意してキャラクター性を出すことが出来ていたと感じるし魅力あるキャラクターたちが画面せましと動くエンターテイメント作品として作り上げられていた印象だ。

*ゼーガペイン Adaptation 7点

 10年目の新規プロジェクト作品の中核を担う映画作品である。総集編でも新作でもない再構築という言葉でくくるには異質なこの作品構造だからこそ造れた本編へとバトンを繋ぐ物語であり10年前の本編からもバトンを受け取る物語であると感じる。26話というTVシリーズをただ単に編集した訳ではないループを使いまさしく新作にした作品だと思う。キョウちゃんがキョウちゃんに至るまでの物語。ご新規にもファンにも受け止めてもらうために模索された作品であり「総集編・再構築」を主題とした作品群の閉鎖感に新たな可能性を与えた作品であると感じるところ。この作品でなければこの新総築を作り上げることは出来なかっただろうと思う次第である。既存のキャラクターには新たな光からの掘り下げを新規キャラクターには意味合いを持たすことには成功していたとも思うところも多いし戦闘シーンはゼーガらしさというか最初期のあの戦闘シーンが帰ってきたと感じされたところである。10年の月日を経て再び会えたこの作品は10年前の忘れ物をようやく持って帰ってきてくれた作品であると思う。これから先10年・20年と語られるためには必要な忘れ物を持って帰ってきた。だからこそこれからのシリーズの為の作品でもあったように感じると頃であるしこのバトンを10年前からのバトンを上手く繋げていってほしいと思う。

*劇場版 マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子 6点

 TVシリーズから3年の月日を経ての劇場版でありTVシリーズ直後から続くしっかりとした続編であり完全オリジナルの物語が展開される作品である。TVシリーズスタッフそのままというわけではないけれどもそれを感じさせない作りとなっていてTVシリーズの熱量をうまく引継ぎ展開させた作品となっているように感じるところではある。シリーズの王道を展開させつつシリアスになり過ぎないように小ネタが展開されていたと思うしTVシリーズを見た者ならばすぐに引き込まれる作りになっていたと感じられるところだ。見たいところに手が届いた作品になっていたという印象は強いように思う。戦闘シーンもカメラアングルなどがTVシリーズではあまりやれないところをやっていたと思うし動きも十分に受け継がれていたと感じるところだ。ファンサービスも忘れずに投入されていたし集大成ではないけれども地続きの作品として十分以上にTVシリーズの続きを展開させた作品ではあると思うししっかりと締めくくった作品でもあると感じるところだ。

*映画 魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン! 4点

 モフルンのモフルンによるモフルンの為の作品。「友情と絆」というテーマを軸にして展開されたモフルン主役の作品である。作風的に言えばキュアモフルンという存在は隠し通してもよかったのではないのだろうかと感じるところもあるかなと。そちらの方がより物語のテーマを出すことが出来たのではないのだろうかと感じるところはあった。それでもTVシリーズによる積み重ねと劇場版だからこその要素が上手くミックスされた作品だと感じるところではあるかな?若干TVシリーズ込みの要素が強く感じられるけれどもより「登場人物同士の絆」に絞った展開がなされているからでもあるのだろうか?キュアモフルンの存在はそれこそ劇場版だけの存在にしておくのはちょっともったいないかなと感じるところもあるけれども…。ライトの導入の仕方も本編の流れを断ち切ってしまわない様にされていたし全体の流れは上手くまとまっているように感じる作品ではあった。


*映画 魔法つかいプリキュア!キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン! 2点

 奇跡の変身!キュアモフルンと同時上映作品のフルCG作品であり短編作品となっている。CGの高いクオリティはシリーズに置ける技術力の蓄積を感じさせるものになっていたように感じるところではあるかな。短編作品であるからこその普段のシリーズや関連作品では見ることのできないコラボレーションを見ることが出来るのもこの作品の良さではあると思うし、「魔法」というコプセントをうまく使って子供たちに向けた作品が作られていたように感じるところではあるかな?もっと派手に魔法をかけあってもよかったと思うところではあるけれどもその辺りは短編作品としての尺もあるから致し方ないところではあるかもしれないが。ある種このCG短編集はこれからへの布石にも感じられるところではあるのでシリーズなり新たな作品への投資としてどのようにこれから変わっていくことになるのだろうか?

*きんいろモザイク Pretty Days 4点

 OVA作品をイベント劇場上映された作品で理上映時間は1時間ほどではあるが今までシリーズ内ではあまり触れられていない中学受験自体の話をメインストリームとしつつ文化祭を展開させる今までの総決算でありつつこれからへの希望を見出す作品である。今までのキンイロな日々を振り返りそしてこれからもきんいろな日々を作っていこうとするこれを改めて示した作品ではあったかなと感じるところではある。今まであまり語られてこなかった部分を出すことによってこの総決算的な物語に仕上がっているのはいい塩梅ではあったと思う。文化祭パートは少な目で演劇はもっと長めのちゃんとしたパートも見たかったけれどもその辺りは仕方ないかなと諦めるしかないのかもしれない。日本組み3人娘の触れられていなかった部分は新鮮でありつつこれまでに語られた彼女たちを形成する大事なピースとしてしっかりと組み込まれていたと感じるところだ。これからどうなっていくかは分からないがアニメオリジナルの話を交えつつというかアニメオリジナルの話をもっと見たいしそれを加えつつアニメシリーズも続けてほしいと感じる。

*映画 この世界の片隅に 6点

 漫画原作の作品ではあるがクラウドファンディングによるアニメ映画化が決定した作品である。エンディングクレジットにはクラウドファンディングによる支援者が全員クレジットされているのもこの作品が生まれてきた意味を感じさせるものになっていると思うところである。戦中の広島に住む一人の少女の視点から描かれた作品でそこから当時の生活を中心として描きだされた作品である。だからこそ普遍で普通ながらもその当時の力強さを感じさせるものになっていると思うし、戦争を乗り越えたからこその温かさ戦争を生き抜いていくからこそのものが明確に示されている作品出ると思うし、作品の出したいところが的確に出ていると感じさせる作品であったと思う。戦争を描くアニメ作品や漫画作品は少なくなってきたからこそより意味のある作品へと昇華されたところも感じられるがだからこそより広く多くの人たちに見地されるべき作品ではないのだろうかと感じるところではある。この世界の片隅で生まれ生きてきて辛いことも悲しいこともありながらも誰かを愛し誰かと共に生きる。たったそれだけの幸せでもこの世界のいる意味と自分が自分である意味を感じさせてくれるそんな作品であったと。

*映画 レッドタートル ある島の物語 3点

 スタジオジブリ作品と言いつつも実際合切はジブリプロデュース作品となっているような感じの海外作品。ジブリであってジブリではない。見れば見るほどにジブリ的な好みの要素もあればジブリが嫌っているであろうと感じる要素もあるそんな作品。セリフが一切ない作品であり想像力を掻き立てられるような作りにはなっているように思う。セリフがないからこそ想像力が必要というかそれこそ純愛にも尖った狂気を持つ作品にも感じられるところではある。どちらの道を選んでもこの作品には完全なる回答・正解という正解は存在しないからこそ世界が広がっていく作品だと思う。だからこそではあるのかもしれないが狂気をはらんだ作品に思えて致し方なかった作品ではあると思う。はたして男が見た夢なのかそれとも本当の現実なのかその答えは永遠に解き明かされることはないだろう。感がれ場考えるほどに坩堝に嵌っていってしまいそうではあるがその坩堝に嵌ることが出来ればこの作品は非常に大きく感じるしそうでなければただたんのおとぎ話に感じるそんな作品だった。


*映画 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜 3点

 シリーズ第4話目の作品であり「シャア・セイラ」編としてはラストを飾る作品。ORIGINシリーズとしてもラスト予定だったものが2話増えたことによってラストではなくなった。シャア・セイラ編と言いつつもセイラの登場シーンはほぼない仕様となっていて実質シャア・ララァからの。ミノフスキー博士変化と思いきやアムロ編という構成になっている作品であり今まで単一の視点から見てきたシーンが多かったが今回は逆に視点が大きく入れ変えられる編となっていて一つの事象を深く描いていくことが無くなってしまっているのが残念なところではあると同時にシリアス展開だけれどもコミカルな描写が復活してきたのも全体的な演出を考えるとやはりあっていないように感じられるところではある。一つの事柄があまり掘り下げられないから駆け足感はすごくしてしまう所だと思うしシャア・セイラの物語ではなくなった仕舞ったように感じられるところではある。最終的にとっ散らかった感じを強く受けてしまったように感じるところだ。それでも原典ではあまり描かれることのなかったところを描いだしている訳だしそういったところの良さをもっと出していってもよかったように感じる作品ではあったかなと思う。4話作品としてのラストは小さくなってしまった感じではあるが次なる展開は影を吹き飛ばす感じで行ってほしい。・


*劇場版 orange  -未来- 5点

 TVシリーズを総集編した作品でありそこに原作者の高野先生原案の物語をプラスαした作品だけだと思っていたらどちらかといえば新作といってもそつないような須和弘人の須和弘人による須和弘人が納得するための物語になっていたように感じられるところだ。菜穂視点のTVシリーズの総集編を早々に切り上げた形とはなっているので総集編とは言えない作品に仕上がってはいるが弘人から見た新たなる側面の物語は正しくTVシリーズでは見えなかったものを見る作品になっていたと感じられる仕上がりにはなっていたように感じられるところではある。TVシリーズを見て弘人関連のことに納得がいかないと感じられたらこの作品は必須かもしれないが、TVシリーズでも聖人っぷりを発揮していた弘人がより恋の神様に見えるそんな作品になっていたと思う。そしてこの作品タイトルの意味合いがより弘人の為にあるかのような印象を得る作品ではあったかなと思う。未来から過去へ、過去から未来への甘酸っぱいオレンジ色の空を見る作品それがこの作品ではあったかな。

*映画 暗殺教室 365日の時間 3点

 TVシリーズ2クール×2クール計4クールの総集編作品であり原作者松井先生発案の構成を加えての作品になっている。2×2クールを約100分ほどに収めるには時間が足りなさすぎるところではあるので、物語上語られる部分は365日から330日分ぐらい引き抜いた形になっていると思うところだ。渚とカルマの2人から語られる本編の振り返りは言うなればTVシリーズが暗殺者とターゲットとしての側面を強めているのだとしたら、劇場版は先生と生徒という側面を強める作品に仕上がっていたと感じるところではあったと思う。ちょっとだけではあるが側面を変えてみたことによってそういった違いが大きく出る形となったト感じるところではあるかなと思う。主役であるからこそ対成す存在であるからこそこの2人でなければならないものは十分に出ていたのではないのだろうかと思うところではある。クラスメイトに関して言えばラストぐらいしか喋っていないようなクラスメイトも存在してしまうわけではあるけれども。2人だからこそ伝えることが出来る暗殺教室の集大成的な作品がこの作品だったと感じるところだ。


*映画 殺せんせーQ! 0点

 TVシリーズ化も決定した暗殺教室の公式スピンオフ作品の劇場用アニメ化作品。原作におけるカルマ加入作戦篇がアニメ化された形になっている。これは本編に合わせか構成になっているのだろうと感じるところではある。なので物語の始まりの部分はバッサリと切られている形になっているので原作読者向けの要素が強いように感じられるところだ。短編作品で小刻みにアイキャッチを挿入する形となっているが、笑いを生かす原作のテイストをアニメとして落とし込むには少々展開なりテンポが笑いに変化するかたちになっていたかとかを考えるとsレオがこの作品として出来ていたとは少々考えにくいところではあるかな?すーっと過ぎているかのような印象に収まってしまっていたのはとても残念なところではあると感じる。TVシリーズではそなお足りかなり変わってくるとは思うし、兼ねなければ少々厳しいかなと個人的には思う。幸先としての槍はぶれたような印象ではあるかなと。

*劇場版 艦隊これくしょん -艦これ- 4点

 TVシリーズの続編である劇場版作品メイン勢はほぼ移管されてい登場するがセリフ量の差はあり新艦娘も少数ではあるが追加されている。TVシリーズ前提とした作品作りとなっているためにTVシリーズは必須の作品となっている。TVシリーズでは出来なかったであろう夜戦のシーンの迫力をより高めた戦闘シーンとTVシリーズではほんの少しだけ触れていた艦娘と深海棲艦との関係が明かされる展開の作品となっている。戦闘シーンはCG中心から手書き中心となったように感じる。そしてCGの不得手としているところをうまく隠してより迫力のあるものへと変貌していたさせていたと感じるところだ。しかしながら一部の艦娘にシリアスを押し付けているかのような感じもするし一部の感を特別視しすぎなようにも感じる。もっと全体的な要素として入れ込んでほしかったかなとは感じるところではあるかな。全体的な世界に関わることだけれどもそれを知っているのが一部に限られすぎている感じではあるト思うし無理やし隠すことによって秘密を秘密に出来ているかのような感じがする。TVシリーズでやらなければななかったこともこの劇場版では展開されているのも一つの特徴ではあるかなと思う。これからの為にステップアップの為の劇場版そう感じるところではあった。

*CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第一章 3点

 2012年に公開された映画「009 RE:CYBORG」続編にあたるOVA3部作劇場公開作品であり本作も009 RE:CYBORGに倣ってCG作品として制作されている作品である。本作は009 RE:CYBORGでは出来なかった00チームが全員揃った状態でのスタートとなりまた映画では活躍どころがなかったメンバーにも活躍どころが与えられている作品となっている。00シリーズがこれからアニメ展開をどうしていくのかというところにおいては新たな起点の一つとして捉えられているかもしれない。前作で野戦いを終えた後の00ナンバーたちの新たなる戦いは「人」を問う作品になっていくのかその答えは現時点では見つけることはできない。フルCG作品ではあるが前作と比較してしまうと全体的なものの違いははっきりと分かる形となっていたのが少し残念なところではある。その辺りはこれからの章での改善に期待したいところではある。物語りの機転としての戦闘もストーリー展開もそれこそフックとしては十分だったと思うし00シリーズの新たな物語がどのように展開されていくのだろうか?チーム全体にどう光を当てていくことになるだろうか。

*CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第二章 3点

 OVA・劇場上映作品3部作の中盤2章目である。009全員で戦うことを見せる作りをしていた1章目と比べるとそれぞれの個別行動が多くなり個人個人の見せ場が増えた章となっているように思う。また敵であるブレスドの行動原理が明らかになったことによってクライマックスニ向けた土台作りがなされたようにも感じる作品ではあった。近年の00シリーズでは活躍どこがあまりなかったピュンマやジェロニモに活躍どころが用意されているのも一つの大きな特徴として捉えられてもいいだろうとは思う。ラストに向けたコタへへ行くための計算式が用意されたわけではあるがこれをちゃんとした答えを導き出せる式なのかどうか…それこそ映画「009 RE:CYBORG」では純粋な答えを明示した訳ではないだけにこの作品は答えを導き出さずとも答えを感じられる仕様におおと押し込むことが出来るかどうかちょっと不安に感じるところもある。新たなる指針としての00シリーズ最新作は回を増すごとに難しさも増しているのかもしれない。


*CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第三章 2点

 OVA・劇場上映作品3部作のラストになる3章目である。ブレスドとの最終決戦が描かれるわけだけれども、ブレスドとの戦い中心というよりは009しいては00ナンバーのサイボーグたちが戦う意味を見出すための3章目だったように感じるところではある。仮面ライダーなどを生み出した石ノ森先生だからこそ描き出せる心の葛藤部分を受け継いだ形ではあるように感じるところ。さまざまなものを見ていないとこの作品の真の意味合い、みたいなものは見いだせないと思うし見つけることが出来ない様になっているように感じるし、小難しく感じるように作られているようにも思える。ラストシーンからするとあえてそうなるように仕様としているところも感じられるように思えるところだ。その辺りに興味を見出さないとなかなかこの作品に対する取っ掛かりとしては引っ掛かり難いのではないのだろうかと思う。何をもってサイボーグ009シリーズとするか人zそれぞれの部分ってのはあってしかるべきだとは思うので一概には言えないところではあると思うけれども。もう少しだけでも余韻を残す形の方が個人的にはよかったかなとは思う。これから先009シリーズがどうなっていくのかは分からないがそろそろTVシリーズがあってもよい頃合いではあるがどうなんだろう…?


*チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~ 第1章 3点

 TVシリーズ先行版、兼、劇場版3部作の第一章である作品。原作はゲームアプリではあるがそのゲームアプリストーリーとは別のシリーズアニメだけのオリジナルの物語が展開される作品となっている。だが原作のゲームを知っているという前提を持っている要素も多く特に「仲間の関係性」については、アニメから取り入れようとするご新規さんの配慮できるところには収まっていないとは感じるところだ。新たな仲間を加えることによって世界観など広く取り入れやすい要素も十分に感じられるだけに、足かせになっているような要素もはっきり見えてしまっているように感じられるところではあるかなと。原作のラストバトルのIFから始まるようなストーリーはこの作品が出したい要素を出すために作られた仕様であるように感じる。だからか出したいものが割合見えるものとして作られていたように感じられる。バトルシーンはCGにより作られたものの方が多いけれども粗に感じるシーンは少なかったかなと思う。必殺技の発動だけはアプリ演出を落とし込んだような感じがしてならなかったからもう少し変化があるとよかったなと思う。G新規向けには厳しいところもあると思うがファン向けとしてはきっちりとした作りではあったのではないのだろうか?

*映画 モンスターストライク THE MOVIE 2点

 webアニメとして展開されているモンスターストライクの劇場版。一応前日談にあたる作品でもありつつ劇場版ということで集大成的な動きを見せる作品となっている。前日談ということで劇場版からの日とも分かりやすいように戸口は広げてあるように感じるところではあるが、本当の意味でこの作品を楽しむのならばweb版のアニメを見ておくことは必須となっている作品ではある。「絆」をテーマにした作品でありそれこそ「スタンド・バイ・ミー」のような旅と成長をテーマにした作品ではある。人と人の絆ならばともかくモンスターとの絆という意味では十分にその意味を出すことは出来ていなかったかなと感じるところではあったし旅を通しての成長という意味では本編との絡みから少し違うものへと変質していたように感じるところではあった。またゲームからの落とし込みに関してももう少し違う感じでまとめられたかなとは思う。まとまりとしては綺麗な感じにまとまっていたとは思うけれども、実際の味としては少し違う味になってしまったそんな感じの作品ではあったと感じる。


*映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン! 3点

 実写とアニメを融合させたハイブリットな作品。海外作品ならそれなりに実写とアニメの融合作品は存在するものの日本の作品となると近年では見なくなったそんな方式をとった第三弾アニメである。実写とアニメの入れ替えは頻繁に行われるが者やシーンがずれを起こすことなくスムーズに切り替えを行なっていると感じるし妖怪たちのCG質感は高いものだったと感じるところだ。毎回新しいことをするという意味では今回も新たしいことをちゃんとやって親子で見る作品としての地固めをしていたように感じる。しかしながら実写とアニメを行き来することによって物語をあまり凝れなくなったようには感じられたストーリー展開が手探りであまり大きなことをしなかったのは残念なところではある。王道というか分かりやすさを重視した結果その辺りの満足度が減ってしまったように感じられるかな。水物になってしまっているというべきだろうか?このあたりはハイブリットを経験した人があまりにいないからこそでもあるのだと思う。さまざまな謎も残された?部分もあるし今までに比べると百裂肉球がリアル猫パンチになった感じのパンチ力になってしまったかなと感じるところだった。4弾目も決まっているからこそ更なる驚きとストーリーパンチ力を期待したいと思う。


*映画 好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~ 3点

 前作「ずっと前から好きでした。」の裏側にあたる2章目でありシリーズが最初に提示した作品のラストである。なお3作品目も企画されていてもおかしくはないけれども展開告知はされなかった。前作が告白成就の物語りだとしたら今作は失恋の物語だと感じる。前作の裏側で起きた事柄も言及されたことによってまさしく2つの作品で表と裏であり光と闇を司る作品となっているように感じられるところだ。長い片思いが描かれて尚且つその種が不意打ちで開くまでそして朽ち果てていくまでではあるが朽ちる悲しさだけではなく、その先の新たな希望の種も描いているとは感じるところだ。だからこそもやもや感というよりはちゃんとしたところに収まってほしいという気持ちが優先させる物語になっているように感じられるところではある。EDではその後の物語も提示されていたがそれも本編にして魅せてほしかったかな。光よりも影を描いた忘れられない涙の物語。その物語を描いた作品こそがこの作品なのだろうと思う。

*映画 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 4点

 スターウォーズシリーズのスピンオフ作品。エピソード3と4の間に位置する作品で4の序文の一小節から作り出された作品である。スピンオフ作品ではあるけれども本編の出来事や用語などの話や設定は知っておかなければならない作品となっている。メインストーリーよりもそれを突き動かすサブのストーリーでその必要性を強く感じる作品ではあった。ジェダイもライトセーバーもメインにならない作品ではあるがスターウォーズらしさみたいなテイストは確かに感じることの出来る作品だったと思うところだ。寄せ集めの一行が全銀河の運命を揺るがす運命へと赴いていく…。時代への希望を繋いでいく作品でもあると感じるしすべてを成し遂げた者たちが散っていく儚い作品でもあると思う。盛り上がりへの展開がそれこそ後半重視に置かれているので序盤や中盤は強いフックがあったかと言われればそうではない作品だとは思う。ラスト5分はまさにファンの為の最大のファンサービスであったように感じるところである。スターウォーズ直系ではないが血を受け継いだ作品としては起承転結上手く作り上げられた作品だったのではないのだろうか?

*映画 土竜の唄 香港狂騒曲 1点

 映画「土竜の唄潜入捜査官REIJI」の続編となる作品であり前作よりもより部隊的にはスケールアップした作品となっている。前作とは原作のベースとなっているシナリオ部分が飛んでいるためか、前作のおさらいシーンだけではないところで大阪抗争編はダイジェスト紹介されていたりして前作+原作を見なければならない必要性があるように感じられる作品だった。個人的にはダイジェストで飛ばした部分もちゃんとやって欲しかったかなと感じられる。登場キャラクターも敵方ばかりが多い状況ではあるが前作と同等くらいのインパクトを持ったキャラクターたちが出演しているが、全体の演出としてそのキャラクターたちを生かしきれていないようには感じられてしまったかな?直接対決のバトルもシーンをカットしているところを多く感じれてしまったしみかげばもっと光るところを磨き切らずに終えてしまったように感じられる作品ではあったと思う。前作からのキャラクターも今作の日とももっと生かすことが出来たと思うのだが。ギャグシーンももっとテンポよくやってもよかったと思うところではある。そういった意味で映画として舞台が広がったが物語としてはこじんまりと終わってしまった作品に判じられてしまったところだ。

*映画 甲鉄城のカバネリ 前編  〔集う光〕 4点

 前篇後篇2部製作の総集編作品である。新規シーンは前半に纏められているが、これが本編よりも前なのか後なのか中間なのかはっきりしないように作られていたと思う。演出面で大きくブラッシュアップが行われていた作品でもあり音の力を強く活かした作品でもあると感じるところではあった。TVシリーズからすると前半6話まで纏められた作品である。約100分と尺的に言えば余裕があったからかカットシーンがなくても話が分かるようにセッティングされて作られた総集編らしい総集編だったように思う。誰かに寄った編集をしている訳でもなく展開を強烈にはやめている訳でもないが、そのままTVシリーズを劇場版として落とし込んだ作品ではあるかなと感じられるところだ。後編に何らかの仕掛けなりこれからに対する布石などを打ってくるのかというところではあるが正直綺麗な形でそのまんまの総集編をしてくるとは思っていなかっただけに予想外なところではあったりする。だからこそ劇場版らしいジェットコースター作品の力を見せることが出来た作品でもあるかなと感じるところだ。


*映画 ポッピンQ 5点

 東映作品としては2014年の「楽園追放」以来となるオリジナル劇場用アニメーション。続編も決定積みなのだろうか?東映が培ってきたダンスCGと物語りを融合させた作品であると思う。キャラクターや物語に対するアプローチは92分の尺の中では掘り下げきることが難しかったように感じられるし。それぞれに提示された障害に対する解決を完全に出来てはいない様に感じる作品ではあったと思う。かゆいところが見えているけれどもそれに手を届かせることが出来ていなかったと感じる作品ではあった。そもそも続編が予定されていたからこそその辺りを完全にやりきる必要性が存在しなかったとも感じられる。個人的にはその辺りも含めて解決を導かせてほしかったと感じられるところではある。これからの物語りに対する伏線を提示したままになっているともいえるか。物語りの根幹にあるダンスシーンやそれぞれのキャラクターなど光り輝くものはあっただけにさらに昇華するに至っていなかったのは残念ではある。が愛着を持てる作品だったのは確かだろうと思うし、ここまで来たからには続編をちゃんとした形で見せてもらわないと嫌だなと思う。















*<総論>

 もはや全盛期だった深夜アニメーションの方式はすでに死に体状態になっている。声を上げても声は届かない。あーだ・こーだいっても始まらない。ダメだと思ったその前から自ら動かなければ何も始まらないわけではある。細胞が何を言ったところで細胞一つでは始まらない。だからこそ動かすことをしなければならないのだと思う。
 配信サイトが細分化されたことによってあっちこっちに独占配信される状態になっている。見たいアニメが分散されていた時にどれもこれにも契約しなければならないという状態だ。それは逆に負担になっているように思う。独占は先行配信位に留めてアニメなどの作品は万遍なく配信してほしいところだ。このバラバラ感は見てもらうということを前提にしているアニメやドラマなどのTV作品としては真逆の方向へと進んでいるように感じるところだ。あまりに流れるとどこかで詰まってしまってちゃんと流れていたものすら止まってしまう可能性がある。
 未来を見て動き出すことは遅すぎたのかもしれないが今と未来を同時進行してしていかなければならない。それがよりはハッキリと示されただけであったと思う。
 よりクールや準備期間があればという作品も月日を増すごとに増えたと感じられるわけではあって分割方式ももはや限界点は見えてきているのかなと思う。
関連記事
プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示