実は私は 12話 「告白を阻止しよう!」 感想!

言えないからこそ

ここでスコップだと!?

 渚の恋もここで終幕してしまうのだろうか?まだもう一回ぐらい回転されそうな感じではあるけれどもそれ以上に朝陽の気持ちを止めることのできる人間なんて存在しないんだろうな。それは振られても変わらないかもしれない大切な気持ち。どんな形になったとしても朝陽の中では一生消えない気持ちだからこそ。

 葉子連れ去り事件は朝陽が思っていることではない裏の事情がある気がする。今回のことによって朝陽と陽子の関係が劇的に進むのかは分からないけれども親公認の中になってくれそうではあるかな? 朝陽の気持ちがどれほどのものなのか。それこそ渚にとっては辛い展開になってくるかもしれないけれども。

 総ての決着は朝陽の言葉にかかっているように思えるところ。朝陽が告白すれば本当に総て片付くかもしれないだけにその告白シーンがあるのであれば楽しみである。

 次回 「一緒に帰ろう!」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示