実は私は 11話 「夏祭りに行こう!」 感想!

デートの気持ち

隠された気持ちは出てくるのか?

 渚の気持ちが明らかになったわけだけれども実は朝陽による朝日の為の朝陽ハーレムが構築されてしまっているんじゃ?誰も気づかずうちにハーレムを作り上げるとは恐るべき朝陽。本命にはいろいろな意味で偶然が重なりあって近づけていないってのもある意味すごいと思うところではある。

 なんだかんだで渚と朝日の関係も近いんだよね。最初は玉砕したってのが地味に信じられないくらいに。やっぱり秘密を共有することによって近づくきっかけが出来たからこそ自分自身も知らないうちに心を開いていたってことにもなるのだろうか?でもこのまま葉子と争うって感じにはならなそうだけれども渚は気持ちにどう決着をつけるのだろうか?

 葉子は完全に茜に遊ばれている訳ではあるが本当の気持ちに気付けるのだろうか?渚たちに遠慮している感は十分にあるからこの壁さえ消えれば大きく進みそうではあるのだが…。 しかしながら屋台ルールいくらなんでも酷過ぎない?

 次回 「告白を阻止しよう!」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示