アクエリオンロゴス 13話 「大勝利!我らが救世主」 感想!

救世の意義

決着。

 さすがにサブタイトル詐欺にはならなかったか。荘厳との決着ではあるけれども総との新たな始まりでもあるか。これから物語がどのような変質を遂げていくのかは分からないけれども、より神話的な要素も入ってくるのだろうか?アクエリオンらしくなかった部分が変質していくのだろうかな?

 結局総とも荘厳とも仲良しエンドとはならなかった訳で、言葉があるからこそ人は解り合うことが出来るし、解り合うことが出来ないというどちらに取っても両方が正しいl現状はその決着の仕方をしたわけではあるが。 ここぞとばかりにアクエリオンの形態出した感じはスバラク出番がないということにも繋がってくるのだろうか? 

 それにしても「アクエリオン」という意味合いに新たな解釈を入れるとは思いもしなかったところではあったり。救世主というのにも一定の決着をつけたわけだけれどももう少し掘り下げられていきそうではある。
 1クール目でいろいろと落ちを入れただけに次なるクールで想像を超えるものを提示していくのだろうか?次回で大きな皆の変化が見たいところではある。

 次回 「曝せ!最低の自分」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示