食戟のソーマ 21話 「未知なる既知」 感想!

マヒする痛み

白黒魔女本格登場そして…

 秋の選抜予選Bブロックの審査序盤戦。A/Bブロックの審査は2話づつ使うとあっという間に終わってしまうなぁ。やっぱり分割していなければ出来ないゆったり差はあるから最後の最後にサプライズ提供品として提示されそうな感じではあるかな? ようやくナオの本格登場ではあるがEDの主役にまでなっているのに1話でその力を見せて終わってしまうのはちょっと悲しい?

 ナオも含めてソーマは掘り下げれば掘り下げるほどにザクザクと過去が出てくるキャラばっかりいるなぁと。それだけに掘り下げてほしい人たちがいっぱいいるんだよね。それこそザクザクと掘ってキャラクターにより深い魅力を与えていってほしいと思うのだけれども小説版でやってはいるけれどももっともっとって感じではあるかな。 白ナオを標準にすればある種人気を総て奪い去ることが出来そうだ。でも一瞬ってのはナオの闇の深さを思い知らされるところ。

 アルディーニ兄弟も恵も寄りらしさというか成長したところをより出してきたと。恵に関して言えばそれこそ今までくすぶっていたのが不思議なくらいだ。ほんと誰かと関わるだけで人生って大きく変わるよな。

 次回 「日常を越えるもの」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示