Classroom☆Crisis -クラスルームクライシス- 13話 「史上最大のプレゼン」 感想!

後悔は生まれないこと

お金がないの逆バージョンお金はあるだな。

 やっぱり自分たちの会社作っちゃったよ。このあたり某ドラマ↑の影響を受けている印象がさらに強くなってしまったところではあったりする。展開からするとこの後の物語も十分やるつもりではあったんだろうが、現実的な考えをするとそれこそノベライズ行きしそうな感じではあるかな。割とぽーんと投げたところも多いし。

 最大の成果を手土産にして会社を去る。この作品が今までやりたいと感じさせてくれた部分がにじみ出ているかのような展開ではあった。そんな金いらね。成果なんて持っていってくれて結構。新しい世界で新しいものを手土産を上回るものを作って目にもの見せてやるってのは往年のトレンディドラマを思い出させる展開であったように思う。 尚且つそういった夢を持つことが少なくなったからこそこの物語を描きたかったという意味合い強いかも?

 イリスの精神的不調だったり、ナギサを巡る物語だったり、霧羽父の存在だったりとこれからの為に投げちゃった部分が多いのは少し残念ではあるかなと思う。ここら辺も救うか出さなくてもよかったと思う。 やりたいことが出ていたけれどもやりたいことを表現するには少し足りない部分が多かったかな。 この先は反骨でいろいろとやれそうな気も個人的にはするけれども。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示